古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
5位
アクセスランキングを見る>>


このブログを2012年に始めて以来、初めてテンプレート(背景)を変えました。

以前の紫色っぽいのはそれなりに気に入っていて文字色も合わせていたのですが、なにぶんブログの横幅が狭いので写真がはみ出てしまうのと、文字が小さくて見えづらいので変えてみました。

ところで今朝6時ごろ、軽い地震があったのに気がついて目がさめ、急いで部屋の戸を開けて出口を確保してからまた寝てしまった(最近はこうした地震が多いのであまり驚かなくなった)のですが、その後起きてニュースを見たら東日本大震災を思い起こさせるような大きな地震だったのでびっくりしました。

購読している村井教授のメルマガなどから察して、私の住む南関東(神奈川)を含め、日本中のどこで震度5以上の大きな地震が起きてもおかしくないなと思っていたので、さほど驚きはしなかったのですが、これに関してはて?

毎年初めに予言を公開することで有名なジョセフ・ティティルは福島については何か言っていただろうかと思って確認してみたのです。

すると、地震に関すること以外でもティティルの予言の意味が、今年はじめに読んだときよりも(当たっている事柄も含めて)よく分かるような気がしたので、記事にしてみました。

以下は「大地震・前兆・予言・com」 というサイトに掲載された2chの書き込みの引用です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



josephtittel20150101.jpg

                  ジョセフ・ティティルのHP


120:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 12:49:24.88 ID:YqYdnOCe0.net

今年の予言前半をわかった個所だけ簡単に書きます。
以前のようにナンバーは言っていません。

※予言の前に言っていたこと

「すべてのことがすでに決定されているわけではなく未来を変える可能性はある」

「5月に大きな変化が起きるが、その前の3月4月頃から崩壊が始まる」

「今年は『奇跡の年』なので奇妙なことがたくさん起きる」


以降、予言です。

これまでのシステムが崩壊し、よりよいシステムができる。

これまでとは違う側面から物事(人生や世界)を見て、これまでとは違うやり方で
物事を行う必要がある。

今まで権力を持っていた人々が力を失う。

混沌のサイクルに入っているので最悪の事態に備えること。

複数の驚くような奇跡が個人レベル、地球レベルで起こる。


米国が賢ければ、他国に干渉するのをやめて自国のことに取り組み、中東で始めたことを きちんと終わらせようとするが、そうでなければロシアと戦争になる。

その場合、ロシアは中国と組んでリーダーになる。

紙幣は信用できないので、投資するなら、貴金属類にすること。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

以上までのところで、

「これまでのシステムが崩壊し、よりよいシステムができる。 」

「今まで権力を持っていた人々が力を失う。」


というところは、アメリカの大統領選で既存勢力の代表のようなヒラリー氏が敗れ、門外漢のトランプ氏が当選したことが象徴しているように思えて嬉しいのですが、さらに

「米国が賢(かしこ)ければ、他国に干渉するのをやめて自国のことに取り組み、・・・」

というのはまさに今、大統領になったトランプ氏がやろうとしていることなので、ティティルが正しければ、トランプ氏は意外と賢い人物なのかもしれません。

トランプ氏は、これまでアメリカの敵対国であったロシアのプーチン大統領にも大変友好的なので、ようやく中東にも平和が訪れそうな予感・・・。これに対し、ヒラリーはロシアに対し大変攻撃的だったようなので、まずはアメリカとロシアとの戦争が回避できてなによりという感じです。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
(以下は予言のつづき)

これまでは(占星術的に)「うお座の時代」であり、政治的・宗教的リーダーに従い言われたことをやるという流れだったが みずがめ座の時代になったので、これからはコントロールされずに、各々が自分で考え、自分で行動することが大切。 (日本政府にはぜひともこれに耳を傾けてほしいですね)

少しずつ物事は変わり始めているので、個人レベルで変わることが、人類全体の(よい)変化につながる。

ポジティブな変化は感じられないかもしれないが、見かけと実際は異なりいい方向に向かっている。


がんなどの病気は過去のものになる。

連邦準備制度は力を失う。

驚異的な発見、特に考古学関連での発見が、エジプト、アフリカ、オーストラリア、南米、アメリカなどである。

それまで神話的と思われていたようなもの、例えば、エイリアン、巨人、ユニコーン、人魚などに関する発見がある。
その発見は、政府などによって隠されるがやがて知られるようになる。


2016年のタイトルは、「真実の時代」 「崩壊の時代」。

崩壊は、2017年、2018年にも続く。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

以上のように2016年からは「真実の時代」に近づき、
「ポジティブな変化は感じられないかもしれないが、見かけと実際は異なりいい方向に向かっている。」

とのことなので、たとえ日本で腹の立つニュースばかりが目立っていても、世界は少しずついい方向に向かっていると思い、皆さん希望を持ちましょう。\(^o^)/

そして、
「 みずがめ座の時代になったので、これからはコントロールされずに、各々が自分で考え、自分で行動することが大切。 」
「少しずつ物事は変わり始めているので、個人レベルで変わることが、人類全体の(よい)変化につながる。」


ということを個人的には心がけていけばいいのかなと思います。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(途中省略。以下、日本に関する予言など興味のあるところを引用)

ISISが遺跡などを破壊しているが、これはイラク戦争の時に米軍が行ったこと(博物館に行っていろいろなものを破壊した)と同じ。
このことからISISと米軍はつながっていることがわかる

エドワード・スノーデンのように真実を語る人が出てくる。初めは狂人扱いされるがやがて人々はその人物の言っていることを
信じ始め、自分で考えるようになる。

チェイニー・ブッシュ陣営についての真実(911に関して責任があるということ)がゆっくりと明らかになっていく


水道水に含まれるフッ化物は身体にいいといわれているが実際はよくないので避けるように
天然水にはフッ化物が入っていないが、アメリカ国内ではボトルで売られている天然水にも添加されている
(表示はされていない)。

米国の学校内で暴力的な事件が一層多くなる。

911と似たような攻撃があり、アメリカが戦争を始める口実になる。
上記の攻撃はドイツを含んだ他国でも起きる。このことでドイツはカルマを背負うことになる。

これまで隠し続けられてきた真実が明るみに出て人々は怒り狂う。

(財宝があるとされる)オーク・アイランドには、人類について書かれた何かがあると思う。

教会、バチカンに関するスキャンダルや真実が出てくる。
暗殺計画かもしれないが、ビジョンがはっきりしないのでよくわからない。
今の教皇が最後かも?


後半です。

アポカリプス、第三次世界大戦のようなことを考える人たちがいるがそういうことはすぐには起こらない。
(そういったことが起きないように)状況を好転させていく時間はまだある(が、そんなにたくさん残されているわけでもない)。

米国内だけでなく、世界的に嵐、地震、洪水、干ばつが多くなる。

今後18か月から24か月の間に少なくとも3つの大きな地震がある。 (今年の1月から数えて)

高知県 中国 インドネシア フィリピン カリフォルニア州 パプアニューギニア ロシア

145:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 20:44:16.46 ID:FZS+20ha0.net


ビル・ゲイツのくだりは他にも重要なことを言ってませんか?

147:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 21:01:14.41 ID:YqYdnOCe0.net

福島から汚染された水が海に流されているが、そのお返しとして、さらなる海中での地震、それによる津波、熱帯暴風雨が発生する。 特に今年後半から2018年にかけて起こる。

今後(世界的に)かなり深刻な自然災害に見舞われるが、嵐などは突然進路を変えて、備えをしていない人のところに向かっていくことがあるので 自分だけは大丈夫だろうと思わずに、備えは万全にすること。

今年後半から2017年にかけては地球が目覚め、気候変動や多くの地震が発生し火山が活発化するので
峡谷ができるほどの地割れが発生するなど地形が変わるかもしれない。

インドネシア、北極、日本、中国、米国特にカリフォルニアで地震が起きるが
カリフォルニアに関しては、皆が考えるような大地震は少なくとも10月までは起きず、2017年、2018年辺りに起きる。

サンフランシスコは2016年までには大きく揺れるはず。
テキサスでも数回地震がある。また気候変動のために引越しを余儀なくされる人々が出てくる。

149:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 21:02:59.21 ID:YqYdnOCe0.net


先ほど聞いた地名の個所が含まれています。

チリ、ペルー、アルゼンチン、エクアドルで地球の活動の変化(自然災害など悪い意味で)があり多くの人や動物が犠牲になる。
これまでの人間のあり方を変えないと大災害が起きる(過去に大災害と呼ばれるものは多くあったが地球の力はそんなものではないらしい)。

水が津波のように道路にあふれ出ているのが見えるが、津波ではない。
カトリーナの時のニューオーリンズよりもひどいが、もしかしたらまたニューオーリンズでの嵐かもしれない。

東海岸での2つの大きな嵐(ひとつは2月、もう一つは夏)は、救援救助、水や電力の問題などさまざまなことについて論議を呼ぶことになる。
大統領選の最中、10月後半には3つ目の嵐が発生する。

やや活動していた火山がさらに活発化し、火山灰が原因で小さな飛行機が落ちる?

グランドキャニオンが頭に浮かぶが、何かはわからない。
コロラド川の氾濫かもしれないし(おそらくこれとは違うが)、山火事かもしれないし、何かの発見がされるのかもしれない
(グランドキャニオンには長い間何かが隠されていて政府に保護されているとのこと)。

これから数年、火山活動が活発化して、マグニチュードが9~最高レベルの大きな地震が多く発生する

日本で、今後15か月以内に大きな地震が2つ起きる。
一つは地中(地名がわかりませんでした)、もう一つは高知県付近の海中で、津波も発生する。


中国で、18~24か月以内に大地震が少なくとも3つ起きる。

インドネシア、パプアニューギニア、フィリピン、カリフォルニア、ロシアで、今年から来年にかけて大きな地震。

次の大きな津波はフィリピンで起きる(地震の規模はM8以上)。

150:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 21:06:21.74 ID:YqYdnOCe0.net


橋の崩壊や自然災害による建造物などの被害、シンクホールの発生。

151:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 21:07:51.91 ID:YqYdnOCe0.net


自動車、飛行機、鉄道事故の増加。

工場、主要な鉱山(金鉱山含む)での事故(オーストラリア、米国)

労働現場での事故が米国、中国、日本、香港、ロシア、カナダなどで起こる。

2016年は、従業員の安全などを軽視してきた企業が報いを受ける時。

工場の爆発や火事の発生(一般人の居住地域に近いところで起きる)。
去年中国で発生したが、今年も中国でも起きる可能性。

自動車メーカーの工場で、それ以降の製造に変化を与えるような大きな事故発生。
日産、三菱などの可能性があり


(ティテルはもう一つメーカーを挙げようとしていたが思い出せなかったよう。
BMWはドイツだから違うし…と言っていたので話の流れからおそらくトヨタと思われます)。

イギリス、ドイツ、米国、パリの、鉄道・地下鉄への事故に見せかけたテロ攻撃。

航空機へのテロ。一つは砂漠のようなところで爆発しているのが見える。
別の飛行機は撃墜され、ロシアなどが責められるが、実際は米国に責任がある。


ハイジャックされる航空機もあるが、判断ミスにより悪い結果に終わる。
一つはエジプト発、もう一つはパリ発。

昨年に引き続き、自由の女神が出てくる。自然災害に関連したことでフォーカスされるか911のようなことがまた起きるかもしれない
数十年後にはニューヨークは水浸しになり、住めなくなるかもしれない。

モールや遊園地のような場所での銃を使った事件がきっかけのひとつとなりより多くの人々が銃を持つようになるが、これはよくないこと。

ビーチでの さつ じん またはテロ発生。フロリダやカリフォルニアのようなビーチで、祝日のような雰囲気。
軍用機がビーチで爆発。これはブラジルっぽい。もしかしたら上記の事件もブラジルかもしれない。

152:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 21:08:33.66 ID:YqYdnOCe0.net


今年後半または来年、アメリカ・カナダ沿岸に外国(中国かロシア)の軍用機が見えるがどの沿岸かは不明。

イエローストーン国立公園が、火事や地球の活動(自然災害のことと思われる)、動物による攻撃などの理由により閉鎖される。
公園一帯から人々が避難するような光景やはぐれた子どもを探し見つけるのが見える。
今年は、イエローストーンに関して議論になるような何かが出てくる。

熊、犬などを含む動物による、理由のわからない(人間への)攻撃が増える。
サメに襲われるようなこともあり、かつてない規模で複数のビーチが閉鎖される。海で泳ぐのは今年はやめたほうがよい。

中国、アフリカ、米国の動物園で、飼育員がカギをかけ忘れて動物が逃げ出し人間を襲うようなことが発生。
米国ならシカゴ動物園やイエローストーン。

ISISについての重要かつショッキングな真実、おそらくアメリカが陰にいるということがわかる。

米ドルの価値が下がることに従い、金(きん)の価値が暴落するが、いずれ上がるので安い時に買うとよい。

中国市場で(気候変動が原因かもしれない)混乱が見られ、世界市場に影響を与える。

(世界統一通貨発行を目指している人々のもくろみで)米ドルが値下がり、続いて他国の通貨も下がり、
これは新たな戦争のきっかけになりうる。

インターネットが使えなくなり、SNSにアクセスできなくなったためパニックになる人々が出てくる。

大きな会社や銀行へのハッキング事件が発生し、被害をカバーすることは不可能。

ドイツなどヨーロッパ(いずれは米国も)の銀行でお金が引き出せなくなるのではないかと不安になった人が列を作る。

153:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 21:09:48.04 ID:YqYdnOCe0.net


古代に関する発見について再度言及するが、古代のウィルスが含まれているかもしれない。

疫病に関するニュースのヘッドラインが見える。

今年後半から来年にかけてエボラ出血熱流行。

ワクチン類は、人間の数を減らすためのものなので危険。
病気で多くの人々が亡くなるが、実際はワクチンによるものということがわかる。

CIAは、最も大きなドラッグ・ディーラーのひとつということがわかる。

パリでのテロ事件は始まりに過ぎず、さらに多くのテロがある。
エッフェル塔や大きなホテルがターゲットになり、人質がとられる。

ドイツはいろいろな面で危機に瀕している(鉄道へのテロ攻撃、爆発、銀行の長蛇の列など)

ロシアは冷戦時代のような状況に再び陥る。

オバマは2017年まではホワイトハウスにいる。もしその前にホワイトハウスを去るようなことがあればその時は生きてはいない。

プーチンも最後は…になる可能性が高いが、彼は賢いので逃げられるかもしれない。


暴動につながるような大停電が起きる。

ロシアと中国が所有しているElectromagnetic Pulse Generatorを使い、ヨーロッパのパワーグリッドを奪う。

154:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 21:11:06.37 ID:YqYdnOCe0.net


60年代に流行ったような、平和や愛を唱えるようなデモ活動が活発化。

中国から伝染病が発生(前述の古代のウィルスと関連?)

製薬会社など大きな会社のCEOなどが裁かれる。

牛肉(精肉業界、牛肉の消費)に関することで隠されていた真実がわかるが、地球温暖化にも関連していることで 多くの人がベジタリアンにならざるを得なくなる。

イスラエルは次に起こる世界大戦で大きな役割を占める。

今年から来年にかけて蚊が取り上げられる。気候変動などにより、生息地が変わった(大きな)蚊が米国内に新たな病気をもたらす。

おびただしい数の昆虫類がどこからともなく現れる。

たくさんの家畜が死に、屍が焼かれるのが見える。

トルコ、ウクライナで(ロシアの新しい兵器による)爆発が見える。

プーチンの近くで吊られた人が見える。ISIS(ISIL)のメンバー?
悪者扱いされているが、プーチンが中東に平和をもたらすかも?

ファストフードレストランでハンバーガーを食べた人が(食品を適切に処理しなかったために発生した)バクテリアのようなものが原因で死亡。

世界中、とりわけドイツ、スペイン、ギリシャ、イタリアなどのヨーロッパで政府に対する抗議や暴動が多く起こり、政治家が辞任に追い込まれる。

昨年に引き続き、ドイツが瞑想中によく出てくる。
ドイツは第二次世界大戦中に背負ったカルマを受ける時。リーダーが辞任することになるかもしれない。

155:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 21:11:46.88 ID:YqYdnOCe0.net


英国王室周辺でいろいろなことが起きるが、特に9月は(英国の)ロイヤル・ファミリーにとって重要な月。

石油会社はパワーを失いつつあり、ガスの価格はいずれ平等になる。

米国で(あるいはメキシコなどで)、夏の間に自然災害が起き、それに乗じて刑務所から囚人が脱走するケースがいくつか起きる。

ある地域で水をめぐる争いが見える。

「自由の鐘」の周辺で何か(よくないこと)が起きる

ISISが所有している武器はアメリカ製で、盗まれたものと思われがちだが、実際はアメリカが武器を供給しており
ロシアはそれに立ち向かおうとしているという真実がわかる。


シリアかISISが化学兵器を使用する機会を得る。

ビル・コスビー事件に関しては隠されていることがたくさんありおそらく明るみになることはないが
エリートたちが彼を消そうとしており、今年後半から来年にかけて亡くなり、遺族はお金に苦労する。

バチカンへの攻撃がある。
教皇が議論を呼ぶような発言をし、それに対しておもしろくない勢力が毒殺しようとするが失敗に終わる。
現在の教会はいずれなくなり、新しい何かにとって代わられる。

(昨年予言した)ブッシュ、ジミー・カーターなどの政治家、60年代、70年代のレジェンド的なロック・スター、例としてミック・ジャガーやボブ・ディラン、R & B歌手のアレサ・フランクリンなどの死亡(この後もう一名有名人男性の名前が出ましたが聞き取れませんでした)。

165:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 22:15:59.67 ID:YqYdnOCe0.net


NFLなどのスポーツでの花形選手を巻き込んだ八百長、ドラッグ問題などが出る。

1月か2月くらいにマレーシア航空の事故がまた起きる。

今後3、4年以内に中東はもっと平和になる。

少なくとも3つの主要なメディアの崩壊。

太平洋で軍用機が墜落。

ロシアと中国が米軍基地を爆撃するかもしれない。米国内とは限らないが、米国内だとしたらアラスカにある施設が最初になる。

核の爆発はあるかもしれないが、ロシアは核兵器は使用しない。

米国内あるいは他国での大みそかから元旦にかけてのテロ攻撃が見えるが、もしかしたら今年終わり~来年初めかもしれない。
それ以外では、独立記念日やメモリアル・デイのような祝日の可能性。
11という数字がカギでこの日には大きな出来事が起きるかもしれない。

イルミナティ勢力に打ち勝つためには皆が目覚めるような大きな出来事が必要で、当分は起こらないが、2020年までには起きる。
このことはよいことで、これによりエリートたちは敗北する。


以上です。

よくわからなかったり訳しにくいところ、日本にとってあまり重要でなさそうな個所は
スルーしました。
あくまでも暫定版ということで皆さんで適宜修正していただければと思います。

156:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 21:30:29.39 ID:H3M2vNnY0.net

聴きとり翻訳さん、乙乙です!ボリュームありますね。内容も凄い。
本当に、お疲れさまです。

しばらく予言反芻タイムします。あれこれ思いながら・・・。

160:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 21:50:06.28 ID:eWX07ps40.net

ビリーマイヤーのエノク予言の前半に似ている。2020年には予言の通りになるのか?

161:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/03(日) 21:55:59.93 ID:sT3LqPH/0.net

ティテルの予言だけは信じます。
未来は変わるものだから全てが全て起こるとは思えませんが参考にします。
カルマの支払いを迫られる時が来ているのかもしれまんが
十分な準備をして2016年を乗り切りましょう。
自分の行動に十分に気をつけていて生きてきた人ならば必ず生き残れるはずです。

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1439693126

  
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
(以上引用)

 
FC2 Blog Ranking ←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。

スポンサーサイト

私は神奈川県に住んでいるので、神奈川県の南岸沿いにある「相模湾」と「相模トラフ」という言葉にはご縁があるのですが、その相模トラフで想定されている大地震による「最大の津波高」が、先月大幅に見直されたという記事を見落としていたので、自分自身の備えのためにも貼っておきたいと思います。



http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1401290017/
相模トラフ地震「最大津波」見直しへ、県が複数パターンで試算/神奈川

2014年1月29日

300px-Sagami_trough_topographic.png
(赤い線が相模トラフ)

首都直下地震の新たな被害想定を受け、県は28日、相模湾などに延びる相模トラフで予想されるマグニチュード(M)8以上の巨大地震について、複数の発生パターンで津波高や浸水範囲を試算し、避難対策に役立てることを決めた。

既に津波高などを公表している「慶長型」や「明応東海型」を含む9地震が県内沿岸に最大級の津波をもたらすと位置付け直し、県独自の被害想定を2014年度末にもまとめる。

 新たに津波高などを試算する巨大地震は、

(1)1923年の大正型関東地震(M8・2)
(2)1703年の元禄型関東地震(M8・5)
(3)過去に発生が確認されていない相模トラフの最大クラス(M8・7)


250px-Great_Kanto_Earthquake_1923__1703_focal_area_map.png


(2)については県西部の神縄・国府津-松田断層帯 と連動するケースも調べ、(3)は断層が大きくずれる範囲を中央と西側の2パターンで計算する。
 また、地震の規模は下回るが、津波の影響が大きいとみられる相模湾西部の西相模灘地震(M7・3)についても試算を行う。

 東日本大震災を教訓に津波想定の見直しを行った県は2012年3月、12地震の浸水予測図を公表。
この中で鎌倉に14・5メートルの最大波が押し寄せる慶長型の影響が最も大きいと見込んでいた。

しかし、国が昨年12月に見直した首都直下地震の被害想定では、相模トラフの最大クラスが起きた場合、真鶴町や藤沢市、三浦市などで局所的に15~20メートルとなる可能性が参考値的に示されたため、影響を詳しく算定することにした。

 さらに、これら巨大地震に慶長型と明応東海型、県西部地震、西相模灘地震を加えた9地震について、想定される死者数などの被害を算出し、公表する。

 28日に開かれた県津波浸水想定検討部会の終了後、部会長の柴山知也・早稲田大理工学術院教授は「沿岸部の住民を守るためには、国が新たに示した最大級も含めて波高や浸水域を検討すべき」と説明。

海岸への到達時間が短くなる可能性はあるが、避難が難しい場所についてはタワー建設などの対策が必要になる」と指摘した。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
(参考)

上にある「国が昨年12月に見直した首都直下地震の被害想定」とは、以下のサイトのことかもしれません。

関東で起こりうる巨大地震について、中央防災会議が昨年12月にまとめた複数の想定が以下のタイトルのサイトに図表とともに詳しく載っていました。


首都直下地震の被害想定と対策について(最終報告)
~ 首都直下のM7クラス地震及び相模トラフ沿いの M8 クラスの地震等に関する図表集 ~


(以下のアドレスをクリックすると、33ページ分の情報がすぐにダウンロードされてしまうので、アドレスだけコピーしておきます。)↓

http://www.bousai.go.jp/jishin/syuto/taisaku_wg/pdf/syuto_wg_siryo04.pdf#search='%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95'

津波高については、想定によっては房総半島の南岸でも10~14メートルを越えるような津波高のところがあるので、事前に住民に注意を促す必要があると思いました。


★過去の関連記事・・・朝ズバ「首都圏直下型」地震の想定


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。         

今日は個人的に気になる情報があったので、古代遺跡とは関係ないですがそちらを先にすることにします。地震に関することですが、いよいよここ(南関東)にも巨大地震が来るかもしれないと・・・

最近では、箱根山の火山活動のニュースや、相模湾で魚が取れないこと、また河口湖の水位が異常に低下したことなど、相模湾や箱根、富士山にも比較的近い神奈川県に住んでいる私にとってはとても気になる情報が多いのですが、それらが関東大震災前の前兆によく似ているという記事を読んで、そろそろそれと同程度の規模の地震が来てもおかしくないかなと思って警戒しています。
(下記のブログによると、他にもHAARPや磁気のデータほかなどで、今までにない大きな値が出ているらしいです。)

また、1923年に関東大震災が起きて以来、関東は不思議なくらい静かな状態が続いているので、いつまたそれが起こってもおかしくない状態にあるといいます。

「正しい情報を探すブログ」さんより引用

富士河口湖の水位が大幅低下!六角堂も陸続きに!過去には関東大震災前や中越沖地震前にも観測された! 2013年03月21日

前に当ブログで「河口湖が干上がる!」とお伝えしましたが、河口湖の水位減少についてマスコミもやっと報道してくれたのでご紹介します。ヘリから映像を見ると分かりますが、やはり、河口湖は完全に干上がってしまっています。


☆山梨・河口湖の水位が大幅低下 六角堂までが陸続きに
URL http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00242550.html
引用:
富士五湖の1つ山梨県の河口湖の水位が今、大幅に低下している。
河口湖の水面に浮かんでいるはずの六角堂。
しかし今は、湖畔から六角堂まで陸続きになってしまっている。

地元の人は、「普通とは違う。全然減水しています」、「今、1メートルくらい、(水位が)減っていますね」などと語った。
普段に比べて、1メートルも水位が下がっていると話す住民。

さらに、山梨県が設置している水位計は現在、土台までむき出しになってしまっている。
この水位計からは、2メートル以上水位が下がっていると推測できる。



o0557030312466623569.jpg


o0557030312466623572.jpg



o0557030312466623570.jpg


o0557030312466624475.jpg




o0557030312466624477.jpg

o0557030312466624476.jpg


専門家によると「現在、富士山の北北西の方で、微動や傾斜変動があるんですが。例えば、河口湖の湖底に割れ目が入り、水が(地下に)流れることがあるかもしれないが、傾斜変動や微動が直接、河口湖の湖面の低下に関係があるともないともはっきり言えない」とのことで、原因についてはちょっと断言できない状況という感じですね。

私なりにこの河口湖水位低下について調べてみたところ、過去に2007年や1923年にも今回と同じような水位の急低下が発生していたことが判明しました。

2007年に発生した時は6月中旬で、新潟中越沖地震の1ヶ月前
1923年に発生したのは5月から6月の間で、関東大震災の3ヶ月前でした。
いずれも大地震が発生する前に観測されており、何らかの繋がりがあると考えられます。 (以上引用、下線は筆者)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



それにしても、TVなどマスコミでは地震や津波については備えをするよう声高に呼びかけますが、「原発」については果たしてどうなんでしょうかね?
最近の福島原発の一斉停電ひとつとっても、平時にこれなら、巨大地震が来たらひとたまりもないであろうことは容易に想像がつくのに・・・

福島であれだけの大きな事故が起きたのに、依然として「原発の事故」が起きたらどうしたらいいのかが今ひとつよくわからないのです。

国は、各地にある原発ごとに事故の影響の及ぶ範囲と、原発事故が起きてしまった場合、具体的にどういう行動をとったらいいのかを国民に明確に示すべきだと思います。たとえ、それがどんなに過酷なものであろうとも。・・・・・・

そして、やむなく多くの人命が失われてしまうにしても、できる限り「減災」できるように手を尽くすべきではないでしょうか。それが、戦後ずっと原発を推進しつづてきた国の果たすべき最低限の責務だと思うのですが・・・。

もしもそれを明確にしてしまったら、原発の「安全な」イメージを損ねてしまうからいけない、と未だに考えておられるのなら、もうそんな考えは国民には通用しないし、防災の観点からは「百害あって一理なし」だとはっきり申し上げたいと思います。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 

FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。
最近、腹が立っていることがあります。

7月の末頃、「グリーンランドの氷床がたったの4日間でほぼすべて溶けた」というニュースを目にしたのですが・・・メルトダウンの序章? : 「たった4日間でほぼすべて溶けて消えた」グリーンランドの氷床・・・in Deepさんブログより

1877513.png


これについて日本のマスコミではちっとも騒がれていないことに、腹が立っているのです。
本来なら、こんな歴史始まって以来の大ニュースになるべきことが、なぜちまたで騒がれないのか?

たった4日間ですべてが溶けてしまうこと自体驚異ですが、それに加えて海水位も上昇する恐れがあると思うのですが・・・いや、すでに上昇しているのにニュースにならないだけなのかもしれません。

「海水位の上昇」という問題は、日本では沿岸地方に建てられている原発の稼働と直接に関係しているはずです。
水位が上昇すると、防波堤の高さを上げねばならないのでお金もかかるし、稼働できるためのハードルを大幅に上げねばならないので、推進派にとっては大問題のはずです。

実際、安全のためには一刻も早く廃炉にして、燃料棒を安全なところに移動するなどの措置を講じなければならない原発も多いのではないでしょうか?

ですからこの国の権力を握っているのであろう原発推進派にとっては「海水位の上昇」なんてニュースがあっては都合が悪いし、ましてや南極や北極、グリーンランドの氷が解けるなんてもってのほか、一般大衆にはなるべく知らせたくないのでしょう。

最近、世界各地で洪水が発生していますが、こんなにたやすく「洪水」が発生してしまうわけは、本当は海水や河川の水位も関係あるのでは?・・・などと深読みしてしまうのは、私だけでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e1111.jpg


思えば、あの東日本大震災のときもそうでした。

あの記録的大震災の記憶を残しておこうと震災後多くの報道番組が作られ、また検証もされましたが、そのとき、
25センチくらい地軸がずれたことは日本ではほとんど報道されませんでした。

大地震によって地球の軸がずれるということ自体、たとえそれが数十センチといえど、人類の歴史始まって以来のことなのですからびっくり仰天するほどのニュースなのではないでしょうか?

地球がある方向に急激に傾くということは、海の水はその反対方向に押し寄せるはずなので、津波が巨大化した要因にはそういうものも含まれていたのでは?などと私は疑ってしまうのですが・・・。

もしも津波の巨大化するメカニズムにそういう要因が含まれているとしたら、それは今までの常識をはるかに超えたことであり、また予測もできないはずですから、絶対に漏らしたくない情報であるはずです。なぜなら、これまでのような対策では、到底原発を津波から守れないからです。

だからこの驚くべきニュースも、日本のマスコミでは報道されることも検証されることもなく現在まで来ているのではないでしょうか?こうした姿勢は欧米諸国の報道のあり方と大きく異なるように思います。

こうした天変地異といっていいほどのニュースも、世界の異常気象のニュースと同じくほとんど日本のテレビでは報道されることはありません。

大体、日本では「異常気象」ということば自体がマスコミでは禁句なのではないかと思うくらいニュースでも天気予報でも使われないし、たとえ使われることがあったとしても、その原因を一般大衆を安心させるような理由にすり替えて、ことなかれ主義の報道にされているように思えます。

そうして「平和だ、無事だ」と言っているうちに、ある日突然、多くの人々は災害にやられてしまうというわけです。ですからこうしたマスコミの姿勢は、ある意味「犯罪的」とも言えるのではないでしょうか?

また、こう言ってはなんですが、日本のテレビ番組のレベルは先進国の中では相当おそまつなのではないでしょうか?
お笑いにグルメ、旅行にショッピングなど、一時の満足や快楽を満たす傾向のものばかりで、本当にためになる番組、知的好奇心を満足させられるような番組は少ないように思います。

その上、お茶の間のなにげない番組の中にも権力者にとって都合のいいような情報が巧妙に仕掛けられているので、テレビをただ漫然と見ているだけだと、知らず知らずのうちにマインドコントロールされてしまいそうです。

そうしてテレビや雑誌、色んなメディアが提供する娯楽に気を取られているうちに、、また自分の頭で真剣に物事を考えないうちに、聖書に書いてあるごとく「夜の盗人のように」滅びがやってきてしまうのではないでしょうか。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ところで、昨年騒がれていた地震の予知夢をみたという「コテ造」君という男の子の話をもう一度読んでみたのですが、大津波や東京湾の液状化現象が多くの人々を襲い、その地震のあと人々は「山の方でキャンピングカーで生活する人が増えた」とあるのが気になります。

何かある?オリンピック閉会式 8月12~13日 その1
・・・ふぐり玉蔵さんのブログより 

ケイシーも言っているように日本の文化の中心は、国土のほとんどを占める山間部ではなく、狭い平野部と干拓地に集中しているのです。→日本の地震についてのケイシーの予言 

私たちはもっと真剣に海水位の上昇に備えなくては、次の災害でまた東日本大震災の悲劇を繰り返してしまうのではないでしょうか
 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリックよろしくお願いします。



今朝、みのさんの「朝ズバ」で、「首都圏直下型」の大地震が起こった場合、東京はどうなるのかについて特集していました。

こういうのを見せられると、つい直下型地震は東京で起こるものと思ってしまいがちですが、私自身は千葉県東方沖や、神奈川県沖の相模湾などにも起こりそうだと思って警戒しています。

同じように、関東大震災の震源地は東京だと思っている人が多いということに気がついたのですが、これはれっきとした神奈川県沖で起こった地震なので、どうぞお間違いなく…。

ここも、もう地震の一定の周期(70年~80年)をこえて来ていないので、いつ来てもおかしくない、と言われているのです。

          関東大震災


ところで番組では、震度7の想定で津波のシュミレーションをやっていましたが、東京湾に入ってくる津波の想定が従来より高くなって、これまで想定されていた1メートル以内では済まず、2~3メートル以上にもなりうると予想していました。
(津波はエネルギーの塊であるため、ごく低い津波でも大きな破壊力をもっています)
このため、品川区などでは、東京湾に近い地域にはここは「海抜何メートル」という標識を立てる取り組みを始めていたのですが、これはとても助かるということで、地元の人に喜ばれていました。

海からちょっと離れると、もう建物が邪魔して見えない土地というのは、そこが海の近くであるとか、海抜が低いということは分かりにくいものだと思います。

こういう取り組みはぜひ、あちこちでやってもらいたいものだと思いました。

また、もっとも怖いのは関東大震災のときのように火災による被害で、従来から言われているように木造家屋の密集している地域は危ないということと、都心部の燃えやすい地域が山手線のように「同心円状」になっているため、その中にいる人が逃げようがなくなるかもしれないという恐ろしい話でした。

想定では、この地震によって亡くなるのは1万人弱だとされていましたが、もし実際に起こったらそんなことでは済みそうもないなと感じました。

番組では地震の解説者が、地震後に被災した大勢の人を収容するには都会だけでは無理なので、地方に「疎開」させるなどの大胆な対策を取らなければダメだと言っていましたが、まったくその通りだと思いました。

でも、被災してからの疎開では間に合わないので、地震が迫っていることがかなり確からしくなったら、場合によっては仕事を数日間休みにするなどの大胆な対策が取れないものでしょうか?

これだけの大規模な被害が予想されており、かつ日本は地震研究に時間もお金もかけているのですから、それを生かさない手はないと思います。


参考…「関東大震災等で発生した前兆現象」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ところで最近、StoryMonorochさんという方が作ってくれた、東日本大震災の前後の地震活動についての、とても見やすい動画をみつけました。

「2011年の日本の地震 分布図 」




早回しなので分かりづらいのですが、これを一瞬東日本大震災の2日前の3月9日のところで止めてみると、あきらかに大きい余震が同じところで起こっているのがわかります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ人が世界の分布図も作ってくれています。
「世界の地震 発生地点・規模・時刻分布図」(2011/09/01)



http://www.youtube.com/watch?v=zNGqDRElI44&feature=relmfu

これをよ~く見ると、太平洋を囲む世界の地震というのは、ある種の連動というか、北から南、あるいは南から北など順番に連鎖して起こっているパターンがあるように見えるのです。

特に、太平洋を囲む南の島々(フィリピンやインドネシア、ニュージーランドなど)などの地震がパパパっと素早く南から上へあがってきて、小笠原諸島から日本に達して北の方に抜けて・・・いうパターンや、その逆も多いような気がするのですが。

これを見て私は、日本周辺の太平洋上に起こる地震を気にするようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日の10日にも、大きいのが3つ起こっているのが世界の分布図(字幕)からわかります。


(3月) 9日 11:45分    M7.3 (震度5)
    10日  3:16     M6.0
         6:24     M6・4
         6:24     M6・4



間に合うかどうかはわからないのですが、もし、今度の地震も運良くこのような「先がけ」・「前ぶれ」のようなものがあれば、(あることを祈っているのですが)、すぐにどこかに一時的な避難をしてみるのも手なのではないでしょうか。



# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。