古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
5位
アクセスランキングを見る>>


今朝配信されたばかりのヤフーニュースで知ったのですが、カナダの15歳の少年がマヤの古代都市を発見したそうです。

今までは、(私の知る限りでは)アンコール遺跡のように「遺跡の配置」が先にあって、それから星座との一致に気づく、という事例しかなかったような気がするのですが、今回初めて、逆に「星座」から遺跡の位置を探り当てた人がいるというニュースを聞いて、しかもそれが15歳の少年だというので余計に新鮮な驚きを感じました。


           
        1329163932.jpg

Yahoo!Japanニュースより引用~

カナダの少年、「マヤ文明の古代都市」を星座の星の配置から大発見

まさに発想の勝利とでも言うべき、素晴らしい発見がカナダの15歳の少年によって達成されました。

同国に住むウィリアム・ガドリー君は星座の星の配置を地図に当てはめることで、ジャングルに被われたマヤの古代都市を発見することに成功したのです!  

以前より中央アメリカの古代文明に興味を惹かれていたガドリー君は、星座の星の並びとマヤの古代都市の配置を観察していました。そしてある時、その星座の星とマヤの古代都市の位置に関連性があることを発見するのです!

 
22の星座の星が117のマヤの都市に一致していることを確認したガドリー君は、23番目の星座の星の一つに一致する都市がないことに気づきます。その場所は、メキシコのユカタン半島。

ガドリー君はカナダの宇宙局に事情を説明し、当該箇所の衛星写真を撮影。そして、ピラミッドと思われる古代都市の一部の発見につながったのでした。

「星座に存在する明るい恒星の位置がマヤの古代都市の場所と一致していると発見したときは、本当に驚いたよ」とガドリー君は語っています。さらに今回発見された古代都市は、マヤの古代都市の中でも最大のものである可能性があるそうです。
 

ガドリー君はこの新たな都市を 「K’aak Chi 」 と命名。これは「火口」を意味しています。それにしても、他の科学者達が数百年かけてもわからなかった事実を発見したガドリー君に拍手を送りたいですね!
 

なお、この場所はメキシコの都市部からかなり離れた場所にあり、遺跡の探索は容易ではないとのことです。
.

【関連記事】 Star pupil finds lost Mayan city by studying ancient charts of the night sky from his bedroom
最終更新:5月11日(水)10時0分


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

FC2 Blog Ranking ←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。
スポンサーサイト
う~~んくやしい。はからずもNHKに先を越されてしまった感が・・・

南米のテオティワカンと場所は違っても、これから書こうとしていたギザの地下洞窟の意味を先にひも解かれてしまったような・・・。

昨夜(10月26日)のNHKスペシャルで、数年前にテオティワカンのピラミッドの地下に発見された100メートル以上もある謎の古代トンネルについて特集していました。

そこに世界で初めて日本のカメラが入るとともに(なんと最奥部まで!)、現地の作業員や研究者のことばなどからこの地下洞窟の意味を類推していくという、まことに興味深い内容でした。

『謎の古代ピラミッド~発掘・メキシコ地下トンネル~』

☆この番組、10月30日(木)の深夜(0:40)にも再放送するそうなので、見逃した方はぜひご覧になってみてください。

           teotihuacan2.jpg


                           img_02.jpg
                                   トンネルの内部

なお、テオティワカンをめぐっては、アステカにこんな神話があるといいます。・・・こちらのサイトより



「神々は4度世界を創造したが、いずれも災害で滅んでしまった。

ふたたびテオティワカンに集まった神々は、5回目の創造を行うことを決定する。

しかし、太陽を創るにはいずれかの神が火に身を投げなくてはならない。

候補になったのがナナワツィンテクシステカトルだ。ふたりはふたつの丘(太陽と月のピラミッド)で断食を行い、身を清めた。

ふたりは火に飛び込んで太陽になるが、昼はふたつの太陽が輝き、夜は暗闇になってしまったので、神々はウサギをテクシステカトルに投げつけた。

テクシステカトルの顔にはウサギ模様がついて、夜の世界をやさしく照らす月となった。

無事運行するかに見えた太陽と月だが、いつまでたっても動かない。

ナナワツィンは、自分に血が捧げられるまで動かないという。

こうしてアステカでは、毎日人間の心臓と血が生け贄として捧げられることになる。 」


                                               (以上引用)

teote.jpg
トンネル最奥部で掘り出された人型の石像

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。                              
関連記事・・・テオティワカンで発見された使途不明の「雲母(うんも)」


FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。 
640px-Piramide_de_la_Luna_072006.jpg
「太陽のピラミッド」より「死者の大通り」、「月のピラミッド」を望む ・・・Wikipediaより


久しぶりの更新です。

最近は不安定な気候のせいか、はたまた地磁気などの影響なのか少々体調を崩していたのですが、太陽の磁気嵐などから電子機器を守る「遮蔽箱(しゃへいばこ)」についてのIn Deepさんの記事を読んで、なんとなく思い出したことがあったので久しぶりに書いてみようかと思います。

わたしの記事を読んでくださってる方には毎度おなじみの、G ・ハンコックの著作の引用ですが、「太陽のピラミッド」などで有名なメキシコのテオティワカン遺跡でみつかった「雲母(うんも)」という鉱石のお話です。

雲母というのは調べてみると、優れた絶縁体としての機能があるということですが、これが大量にこの遺跡で発見されていたことをご存知の方は少ないのではないでしょうか?それも広い範囲に敷き詰められるという形で・・・。

そして、それが何のために使われたのかはいまだに分かっていないというのです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

        
      (「神々の指紋 上 第23章 「太陽と月と死者の道」(p.231)より )

ある種の考古学的発見は反響を呼び、またある種の発見は色々な理由で反響を呼ばない。

この反響を呼ばなかった部類に入るのが、テオティワカンで発見された雲母だろう。

1906年に太陽のピラミッドの調査が行われたときに、ピラミッド上部から大量の雲母のシートでできた厚い層が発見された。



この発見は評価されなかったし、その後の研究も行われていない。雲母は市場価値があり、発掘されるやいなや売却されてしまったからだ。

この犯罪行為を行ったのはメキシコ政府から磨耗したピラミッドの修復を依頼されたレオポルド・バートレスだった。

テオティワカンではつい最近、別の場所(マイカの神殿)でも雲母が発見されているが、これもまったく話題にならなかった。

今回は略奪もされておらず雲母がそのまま残っているので、なおさら不思議である。

マイカの神殿は、太陽のピラミッドの西面から300メートルほど南に行ったところの建造物グループの中庭にある。

ここでバイキング財団の援助を受けた考古学者たちが、重たい岩床の下にある二枚の厚い雲母シートを発見した

この雲母はその扱い方を知っている太古の人々が、何かの目的をもって注意深く切り、敷きつめたものだ。

シートは一辺が27メートルもある正方形で二層に重ねられていた。・・・・・・



        unnmo_0.jpg
            テオティワカンの地下室の雲母


(中略) ・・・雲母は通常、床材としては使用されない。床下に雲母を敷いて隠してしまうというのは奇怪だ。

アメリカ大陸の遺跡だろうと世界のどこの古代建造物であろうと、このような仕組みを採用しているものは発見されていない。

バートレスが1906年に太陽のピラミッドから発掘し持ち出した雲母の大きなシートが、何のために使われていたのかはもちろん、ピラミッドのどこにあったのかすらはっきりしないのは非常に残念だ。

マイカの神殿の二層の雲母は装飾ではなく、何らかの役割を持っていたように見える。

雲母(マイカとも呼ばれる)は色々な科学技術に応用できる特性をもっていることに触れておこう。

近代産業ではコンデンサーに使用され、電気の絶縁体や耐火物としても価値が高い。

また高速中性子にたいして不伝導性があり、核反応させるときの減速材として使われている



                                      ( 以上引用 ) 
      。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今、この遺跡には地下に120メートルもの長いトンネルが見つかって現在も発掘中であり、世界の注目が集まっているそうですが、この不思議な遺跡はまだまだ私たちの知らない謎をたくさん秘めていそうです。これからの発見が楽しみですね。(^^) 

 (⇒ 「メキシコ・古代テオティワカンの地下に120mの巨大トンネルを発見 」

( テオティワカンについては、過去にも記事を書いたことがありますがそれは・・・こちら )


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。 

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。