古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
3位
アクセスランキングを見る>>

北極の氷


今日も、どちらかというと主観的な日記になりそうですが、最近はこういう「主観的な日記」を自由に書くのも楽しいなあと思うので、あえて入れさせていただきます。

アトランティスの記事を書いていて思い出したのですが、この流氷の写真を見ると、思い出すことがあるのです。それは子供のころに見た非常に印象的な夢のシーンで、この写真とそっくりなのです。

それはどこか分からない海の彼方、ずうっと向こうのほうから、大量のこわれた流氷がどんどんこちらへ押し寄せるように流れて来る夢でした。私はそのことに最初は驚き、「いったいこの先で何が起こったのだろう」と、「その原因を突き止めにいく」ような感じの夢なのです。

不思議なことに私は海原の上に浮かんでいて、(自分自身の身体はあったのかなかったのかよくわかりません)その流氷の流れてくるほうに向かって「吸い寄せられるように」飛んでいくところなのでした。

まるで目的地までの距離は問題でないかのように、どんどん丸い地球の上を飛んでいく自分に対して、一方で「なぜ私はこんなところを飛んでいるんだろう?そしてどこへ行くんだろう?」という覚めた自分もいて、それに対して「別の自分」もいるかのような感覚もあったのを覚えています。

どんどん飛んでいくほうの自分は、まるでその行く先に「何があるか」を知っているかのように確信に満ちていて、なんだかワクワクしながら急いでいるのでした。その行く先には「輝かしい」なにか、あるいは「待ち望んでいた」なにかがあるかのように・・・。(しかし、このシーンはそこで終わり、残念ながらその先は見れませんでした。)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

以前にはこういう類(たぐい)の夢は、自分の魂に刻まれた過去生の記憶から来ているのかとばかり思っていましたが、「パラレルワールド」という概念によると、どうも「過去」も「未来」もないようなので、最近はこれは近未来のことかもしれないなあ・・・と思ったりもします。

しかし、これを見た当時の年齢はまだせいぜい小学生くらいだったので、夢が覚めたあとは「なんだか北極か南極の方に向かっていたような気がするけど、なんであんな氷に閉ざされた何もない所に?」と不思議に思ったものでした。

しかし、子供の頃に見た夢の意味が、最近になってなんとなく分かるような気がする(気がするだけかもしれませんが…)ものもあって、これなどはその部類に属するかと思います。

じつは、私はケイシーの「かつてアトランティスが存在していた場所がいつか隆起する」という予言が実現し、その心臓部にあるという「記録」が発見されるのを生きているうちに目撃できることを楽しみにしているのですが、もしこの夢がそれに該当するとなると、それを見られるのはどうも私が死んだあとのような気がするのです。

しかし、このときの私(つまり海の上を飛んでいるときの私)は、人間的な苦痛や悩みなどの感覚はほとんどなく、むしろ幸福で、それどころか「重力」や「距離」にさえ妨げられず、ただただこの先に「行きたい」という思いの力だけで、軽やかに移動できる・・・という夢のような体験をしていたのでした。

思えば、これが「肉体」を脱ぎ捨て、純粋な「魂」の状態に戻るという感覚なのかなあ・・・と思います。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。
スポンサーサイト
前記事の「アトランティス」について少し補足します。

よく「伝説のアトランティス」などと言われるので聞いたことがある方も多いと思いますが、「アトランティス」は”単なる伝説”以上のもので、プラトンの対話篇 『ティマイオス』『クリティアス』 に記述されており、エジプトの神官たちによって9000年以上ものあいだ伝承されてきたものであるということです。

プラトンによれば、アトランティスは高度に発達した工業技術を持った民族により形成されており、首都の名前も 「アトランティス」で、その都市計画は今日のロンドンに匹敵する規模であり、運河が網の目のようにはりめぐらされ、給水と物流両面で機能していた都市国家であったということです。

彼の言葉によるアトランティスの歴史は、「きわめて奇異ではあるがすべて本当の話であり、ギリシアの七賢人の中でもっとも知識のあるソロンもその信ぴょう性を確認した」ものだった。


   170px-Solon.jpg
ソロンと称される胸像。(紀元前639年頃 - 紀元前559年頃)

( ソロンは、古代アテナイの政治家、立法者、詩人、本名は不明。当時のアテナイにおいて、政治・経済・道徳の衰退を防ごうとして法の制定に努めたことで有名である(ソロンの改革と呼ばれる)。改革は短期間のうちに失敗する。しかし、アテナイの民主主義の基礎を築いたとして、しばしば高い評価を受けている。なお、哲学者プラトンはソロンの遠縁にあたる。ーWikipediaより
)


『ティマイオス』によれば、かつてエジプトを訪れた大政治家のソロンが、エジプトの神官から9000年前に起きた大洪水の話を聞かされたといいます。

「彼はエジプトで最も知識のある神官であるヘリオポリスのセノフィスと、サイスのソンキスとともに学習したり、議論を戦わせたりして時間を費やした。プラトンによると、ソロンがアトランティスのことを聞いたのはこの2人からであったという。」

ソンキスはソロンにこう語ったという:「ソロンよ、私はこの話はあまり話したくない。いや、話してしまおう。君と君の町のために、そして何より君の国と私たちのこの国を自らの息子とした女神のためにだ。
聖なる書物に書きしるされている我々の歴史は8000年となっている。9000年間続いた民族の法と高貴なる行いを明らかにしよう。・・・」

エジプトの神官はアトランティス文明の歴史と、その文明が9000年前に「強大な力をもった地震と洪水」によって破壊されてしまったことを明らかにした。彼は、地球全体が大規模な地質学的変動に見舞われた事実を強調した。(ソロンとソンキスの会話は紀元前560年ころのものであると考えられている。)

ソンキスは大洪水のときに起こったことを話して聞かせた。「人類を襲った破壊の中でも、もっとも恐ろしかったのは、火と水の力だ。しかし、これら以外にも数限りない災厄がある。

太陽神の息子パエトンが父の戦車をつなぎ、父が通る道に沿って戦車を走らせることができなかったがために地上にあるものを燃やし尽くし、パエトン自身は雷にうたれて死んだという話(ギリシャ神話)は、天空で地球を回る星々が軌道を逸脱し、その長い期間中に地上で災害が起きたという事実を神話にたとえたものなのだ。

(デウカリオーンの洪水の前、太陽神ヘリオスの息子パエトンが、父がいつも使う太陽の馬車の手綱をとったが、いつもの軌道を保てなくて大災害を起こしたという話。)

zodiac56.jpg

青い衣をを着て、パエトンに道を教えているのが父のヘリオス。馬車の手綱をとっているのが息子のファエトン。( Nicolas Bertin作「アポロンの馬車(戦車)をひくパエトン」・1720年 )

人類を守るため、ゼウスはパエトンを雷で殺し、地上の大火災を消し止めるために大洪水を起こしたのである。この神話は地殻移動のときに起こる過程を忠実にたどったものだ。太陽が突如として軌道を変えたあと、地震や洪水が世界中を襲う


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この大変動の前には、「ヘラクレスの柱」(地中海の西の端にあるジブラルタル海峡)の彼方に「アトランティス」と呼ばれる巨大な島大陸が存在したといいます。

この言葉のゆえに、アトランティスは長く「大西洋にあった」と解釈されてきたようですが、実は「ヘラクレスの柱」という言葉にはもうひとつの意味があり、それは当時の「知られている世界の端っこ」だそうです。(つまり、当時のギリシャ人にとっては、それが知識の限界だったということ)

ソロンの時代のギリシャ人は、地球を「大海に浮かぶ島」という感覚でとらえており、この世界島は3つの重要な文化圏に分割されていたといいます。それは、ヨーロッパリビア(北アフリカ)、そしてアジア(中東)でした。

     DSCF1293.jpg

プラトンによればアトランティスは、 「リビアとアジアを合わせたほど大きい。」

そしてこのアトランティスからは「アトランティスの一部を形成する島々に到達することができ、

またその島々からは『真の海』を取り囲む向こう岸の大陸に達することができる」
という。

ヨーロッパ人はコロンブスよりも何千年も前からアメリカに到達していたらしいので、この「向こう岸の大陸」とはアメリカ大陸のことかもしれない。だが、それが「『真の海』を取り囲んでいる」とはどういうことなのだろうか?

海が大陸を取り囲むというのなら話はわかるが、「大陸」が海を取り囲むとは?・・・・・・


1976年、アタナシウス・キルヒャーの『地下世界』という本を研究していた(ランド・)フレマスは、この本に掲載されていたアトランティスの地図が、氷床を除去した南極大陸に極めてよく似ていることに気づいた。特に地図の天地を逆にしてみると、偶然とは思えないほど酷似している。

    DSCF1282.jpg
          ↑
1665年にアタナシウス・キルヒャーが公開したエジプトから伝えられたというアトランティスの地図。
ラテン語の銘には、現在は海底にあるアトランティスの地。エジプト人およびプラトンの記述にある」とある。
キルヒャーによれば、このアトランティスの地図は、ローマ人が古代エジプトから盗み出したものだという。

    DSCF1286.jpg

    上はキルヒャーによるアトランティスの地図から文字を取り除いたもの。
    下は氷のない南極を描いた現代の地図。


同じ頃、南極を中心とした現代の投影図を眺めていたフレマスは、そこで非常に重大な事実に気がついた。
われわれが普段なじんでいる世界地図は、たいてい太平洋やアメリカ大陸を中心として描かれている。
そこでわれわれは無意識のうちに「世界」をそのようなものとしてイメージする。

・・・だが、これに対して南極を中心として世界を見ると、すなわち世界の臍(へそ)」の位置に南極大陸を置いてみると、
南極の周囲を7つの海ならぬひとつの海が取り囲み、さらにその周囲を残りの大陸が取り囲むという図ができあがるのである。

つまり、南極以外のすべての大陸は、ひとつの巨大な海洋を取り囲む、ひとつの巨大な大陸塊のように見えるのだ。


    DSCF1285.jpg


また、近代科学の手法によって、1958年、南極が一枚岩的な陸地ではなく、島が集まってできた「島大陸」であるということが明らかになった。氷雪を除いた南極の地図は、プラトンの語る「アトランティスの一部を形成する島々」の存在を思わせる。

→wikipediaより、「氷床の下に眠る南極大陸の岩盤地形」は「こちら」
(これを天地逆にしてみると、キルヒャーの地図と同じ向きになります。)

(以上、「アトランティスは南極大陸だった!」と「アトランティス・ブループリント」より抜粋してまとめてみました。)



関連記事…古代遺跡に関する驚くべき発見~歴史認識が変わる!

...............................................................................................................

FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。
久しぶりの更新です。

今回は前回までの記事とはあまり関係ありませんし、主にわたし個人の思いを書こうと思っているので、あまり参考になさらないでください。

ここのところ、自分の思考をできるだけポジティブに保とうと努力してみたのですが、どうも元々がネガティブ思考のためにむつかしいようです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

最近(特に自民党政権が与党に復帰してから)の日本は、破滅にむかってひた走っているように見える

すでにお気づきの読者もいるかもしれませんが、私は「予言」と言われるものの中では、すでに亡くなったアメリカの予言者エドガー・ケイシーをけっこう信頼しており、今まで書いてきた記事の中にはケイシーのリーディングを思考のベースにしているものが少なくないのですが、そのケイシーの予言の中に、「日本の大部分が海に沈む」というのがあります。(これは1998年頃に起こるとされていた予言ですが、私は予言というのは時期がずれることもありだと考えているので、今後起こる可能性もあると思っています)

読者を怖がらせるといけないので書かないようにしていたのですが、最近のニュースを見るとこの懲りない日本という国は、「やっぱり沈むしかないのかなあ」というような危機感を感じることがあります。

以前、311の東日本大震災があった年だったと思いますが、某SNSサイトのスピリチュアル系コミュで、こんな話題が持ち上がったことがありました。

たしか東日本が海に沈むかもしれない・・・という予言か何かが、けっこうまじめに取り上げられた時のことだったと思います。そのコミュで、(詳細はわすれましたが)こんなことを言った人がいました。

日本人の多くは犠牲になるかもしれないけれど、壊れた原発が東日本ごと「水棺」になれば、(もちろん海の生物もそれで甚大な被害をこうむるだろうけれど)大気の汚染には歯止めがかかり、世界にこれ以上(膨大な)放射能を撒き散らさずにすむよね?・・・というようなことを。

それを読んだ他の人たちも自分たちが犠牲になるのにもかかわらず、その後一様に「そうだね、仕方がないね・・・」というような反応のコメントを書き込んでいたのが印象的で、私もこれについては妙に納得してしまったのを覚えています。(もっとも、こんな考え方ができるのもスピコミュならではだと思いますけれど)

今でも原発の先行きはほんとうは行き詰まっているのでしょうが、2011年の福島原発の事故直後には、事態はもっと深刻でした。
東京消防庁の職員にヘリコプターで水をかけさせるなど、まだちゃんとした冷却システムもなく、また1~4号機のいずれかが暴走したら4号機ともすべて放棄しなければならなくなり、首都圏を含め東日本は壊滅状態に陥るかもしれないと懸念されていた頃のことだったと思います。

確かに、壊れかけた原発ごと海に浸けてしまえば半永久的に燃料棒などの危険な物質を「冷やし続けられる」し、放射能を水中に閉じ込めて大気への拡散を防ぐことができる。・・・・日本人の多くは死んでしまうかもしれないが、神の視点からすれば、世界中の国々が放射能で汚染されるよりはまだマシなのかも・・・と思えたのでした。

原発をどうするかで東電も国も困りはてているように見えたので、こんな思いもしなかったような解決策を神がもっていたことにむしろ感動し、自分も東日本もろとも沈むんなら、それはそれでいいとさえ思ったのでした。


      北極の氷


以下は、唐突ですが、遠い昔に沈没した「アトランティス」という大陸についてケイシーが述べたことです。

ケイシーによると、アトランティスは最古の大陸のひとつで、初めて人類が出現した場所のひとつだということです。
そこでは技術的に高度に発達した文明があったと言うことですが、1万1000年ほど前の大変動(おそらくは極移動)によって、「一夜にして」海の底に沈んでしまったといいます。

(以前に紹介したランド・フレマスの「アトランティスは南極大陸だった!」によれば、アトランティスは南極大陸であったという説を、色んな証拠をあげて説得力豊かに組み立てていますし、ケイシーは、「かつて北極や南極は熱帯地方にあった」と述べており、そこはかつて人間や動物が居住可能な土地であったことがうかがえるのです。)

「ケイシーは、アトランティスの破壊を心象として見たとき、自然の力を人間が誤用したことが最初に生じた破壊の原因であり、また『神の律法』を無視した人間の行為が自然の過程に影響を及ぼした、と非常にはっきりと述べています。(神の律法とは、聖書によればすなわち「愛」です。)

また、アトランティスのときに起きた破壊の強さは、今後の大変動によって起こりうる破壊の強さに匹敵するとも述べています。

また、地球的規模だった大洪水の一因として、アトランティス大陸の一部が沈んだことをあげています。

「・・・もともと彼がケイシーのリーディングにひきつけられたのは、ケイシーが歴史上の『大洪水』の原因を、アトランティス大陸の残部のうち、最後の大きな陸地が沈んだことであるとして、単に凍結した北部にある万年氷の融解だけが原因であるとはしていないことを知ったからである。」・・・

THE EDGAR CAYCE [ 超人ケイシーの秘密上・下巻合本]より


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ところで、最近のニュースで、これまで陸地だとばかり思っていた「南極大陸」の半分が、実は海に浸かっていたという事実を知ったので記事を貼らせていただきます。

★画像がダウンロードできなかったので、「こちら」に南極大陸の地図がのっているアドレスだけ貼り付けておきます。
この地図の青い部分の陸地がぜんぶ、海面より低いのだそうです。(つまり、大陸棚でその上に氷が乗っているということ) 

南極大陸が消える!?最新調査でわかった「半分がゼロメートル地帯」
2013/1/31 http://www.j-cast.com/tv/2013/01/31163425.html?p=all

地球温暖化がもたらす恐ろしげな状況といったものは、あちこちでシミュレーションされているが、なかでも視覚に訴えかけてくるのは、海面の上昇であろう。日本の東京など海に近い都市の多くが水浸しになり、台風はやたらと増え、津波の被害も増すという。これはどうにも黙示録的だ。


地球温暖化で海面9メートル上昇!6メートル分が南極の氷融解

「クローズアップ現代」によれば、温暖化で気温が3度高くなると予想される約100年後には、海面が9メートル上昇しているかもしれない。この試算はフロリダ大学のアンドレア・ダットン准教授の研究によるものだ。100年後の推定気温は12万年前の状態に近いはずだという。当時の海面は現在より高かった。

そこで陸上のその時代のサンゴの化石を探して推定したところ、海面は現在より最大9メートルも高かったことがわかったという。そのうち6メートル分は南極の氷が融けた分だと推定されるという。

温かい海水侵食で大規模崩壊

さらに悪いことには、最近の調査で南極の氷がこれまで考えられていたよりも融けやすい可能性が出てきた
南極は氷で覆われた大陸だが、厚い氷の下の土地の様子はよくわかっていなかった。飛行機から特殊なレーダーを使って調べてみると、海抜は予想より低く、45%が水面以下だったという。

素の南極大陸の半分近くはゼロメートル地帯というわけだ。土地が低いということは、水が入り込みやすい。温かい水がどんどん浸食し、水が下から氷を融かして、大規模に崩壊させる恐れがあるそうだ。 

終末は近し――とは昔から言われ続けていることだが、ついに残り100年ほどに迫ってきたのだろうか。ただ、「(南極の氷が溶けるのは)何百年か何千年か、気候の条件にもよる」(東京大学・阿部彩子准教授)との見方もあり、人間がその正確な時を知るのはなかなかむずかしいようである。

ボンド柳生
*NHKクローズアップ現代(2013年1月29日放送「南極大陸が融ける?~温暖化調査 最新報告~」)




...............................................................................................................

FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。