古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
5位
アクセスランキングを見る>>

前記事の続きに入る前に、「13000年前に大洪水が起こった」と私が考えるわけについて、もう少し詳しく補足してみたいと思います。なぜかというと、まだ大洪水の起こるメカニズムについてはあまりよく解明されておらず、信じられない方も多いと思うからです。

自分としてはいろいろ調べていくうちにそう思うようになっていたのですが、それでもまだ以前はこういう説が他に見当たらなかったので、あまり自信がありませんでした。しかし、2010年7月号の「ザ・フナイ」に載った下記の記事を読んでから、やはりそうではないかという思いを強くしました。

(以下、記事の一部を引用)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


月刊 ザ・フナイ 2010年7月号

科学から芸術へ(5) 地球大変動の予兆 

著者 五井野 正(1950年生まれ。ウィッピー総合研究所所長・ロシア国立芸術アカデミー名誉正会員・ウクライナ国立芸術アカデミー名誉教授・アルメニア国立科学アカデミー会員。)
(著者については私はよく存じ上げませんが、ロシアの宇宙ロケット打ち上げミッションのため、ロシアの宇宙開発庁に参加を要請されたほど宇宙分野で功績のある人物だということです。)


・・・・・・・そして、何故ここに来て急に米国が月ではなく火星計画を公表し、追随するようにEUとロシア、中国の連合体が火星計画をスタートさせたのか?である。

その答えは・・・・・・近いうちに地球が大変化して人類が滅亡する危険性があるからである。そのため、火星に一部の人たちが移住する計画なのである。

このように述べるとSFまがいの話に聞こえますが、最近の太陽活動の活発化と地球の磁場の減少が火山の大噴火や大地震と関係していることが徐々に明らかになってきて地球に今、大変動が起きつつあることがNASAや各国の科学アカデミーの世界でわかってきたからです。


北磁極の移動

ところが、日本では官僚が保守的で危機災害に対して何の問題意識も無いどころか、リスク回避の対策もまったく無防備でリスク管理能力もできていない。国民も学者も危機・災害に対して政府任せでまったく無関心だから政治にも反映されない。 

それというのも日本には海外と連携する科学アカデミーがないため、学問が大学の中だけに閉ざされている、もしくは企業との連携の中での補助金目当ての研究ばかりに没頭している状況のため、国際社会の中で孤立しているのと、日本のマスメディアがこういう情報をまじめに取り上げない習慣があるからだとも言えるだろう。

もっとも、日本ではそれでなくても情報ソースが米国のコントロール下にあるために真実の情報がほとんど伝わっていないのも原因だ。米国サイドの情報は時々日本のニュースでも流れるが、米国側に都合のよい情報だけだとも言えるでしょう。


その中の記事から地磁気の問題に関して最新の情報を拾ってみると、2010年3月2日に米国航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所はマグニチュード8.8を記録したチリ大地震によって地球の自転速度がわずかに増し、一日の長さが100万分の1・26秒ほど短くなり、さらに地軸の傾きも変わり、極付近で約8cmずれた可能性があると発表していたことが目につく。

同研究所のリチャード・グロス博士はM9・3を記録した2004年のスマトラ島沖地震でも1日の長さが100万分の6・8秒短くなり、地軸の傾きも約7cmずれた が、火星や土星などに向かう探査機の管制(コントロール)には悪影響が出る恐れがあっても変化はごくわずかで、一般の人々には影響はないと述べたことが日本の新聞の記事になっている。

M9・0を記録した東日本大震災の時も、地軸は17cmも動いています「東日本大地震、地軸を動かし、1日を短くした」


地球

( ☆大洪水の起こるメカニズムについてはぜひこちらもご覧になってみてください。→古代の儀式、伝説にみられる大洪水の記憶

ニュースでは2009年12月24日のナショナルジオグラフィックニュース(米国)で地球の北磁極は現在カナダのエルズミア島の近くにあるが、ここ一年でロシアに向かって64km移動した と伝えている。

そして、1831年の磁極の中心が計測されてから毎年、徐々に磁極が移動していることがわかり、1989年からその移動がスピードアップして、2007年には北磁極がシベリアに向かって1年間に55~60km移動していることが確認されたと説明している。・・・・・・・・

・・・・・・・ところが、米国人の意識ある人達の場合、ナショナルジオグラフィックニュースを重要視して、毎年64kmの地球の北磁極の移動は火星や土星などに向かう探査機のコントロールに大きな問題が生じるだけでなく、もっと大変なことが地球に起きるだろうと考えるようになる。

そのような視点で考えると、NASAの情報は逆読みして、地球は各地に大地震を起こしながら、磁極の移動の後を追いかけるようにして地軸を傾けていくと考える人も出てくるだろう。しかも地軸の傾きが8cmだけでも、M8・8のエネルギー放出になると驚いてしまうのである

と言うのも、この北磁極の変化についてNASAのコントロール下にないロシアの新聞で調べると、2008年9月5日の「リア・ノーヴォスチ」によると、2001年に国際極地探検は最近7年間で北磁極は中心から300キロメートル移動し、最近1年間で40kmもロシアのセベムチゼムリャ島に移動したと述べ、磁場の強度も最近20年間で1・7%減少し、南大西洋では磁場の減少は10%にも及ぶと伝えている。

ロシアアカデミーの科学者は磁場の変化によって太陽から来る危険な放射線を防御するシールドに大きな影響を及ぼすと考えている。

磁場の強度の低下は磁気嵐を活発化させ、それによって国際宇宙ステーションや航空機のコンピューターシステムの障害、さらには地球上の生命に危険を及ぼすと警告する。

さらに同じ年の2008年12月2日のノーヴォスチ通信社のニュースになると、モスクワ機構研究所イーゴリ・コプイロフ教授が2004年に地球は「大変動の最初の段階に入ったことを確信している」と伝えているのである。

すなわち、地球の大変動の最初の段階とは、北磁極が移動し始めることによって起きる強い磁気嵐(オーロラ)と地震、それに海洋と大気の変動で、それによって壊滅的な大気現象が引き起こされると説明されているのである。

というのも、地球の回転速度にブレーキがかかると、それによる巨大な熱が放出されて地球温暖化が起きると説明する。ということは、コプイロフ教授によれば、地球温暖化の原因は二酸化炭素の増加ではなく、地球の回転速度にブレーキがかかる時に生じる地球熱だということになる。

さらに、コプイロフ教授によれば、地球の回転が1年に1秒だけ遅れるだけで今までに人類が産業活動で放出した全エネルギーの数百倍もの巨大なエネルギーが放出されるということである。

そして、地球の歴史は1万3000年ごとに地球的規模の大洪水が起きていることを説明し、最後の大洪水は紀元前1万1100年だったことが地質学的に記録されていると述べている。

つまり、2010年の今は地球規模の最後の大洪水から1万3110年たっていることになる。すると今という時は1万3000年のサイクルの大変動の中にあることになり、再び近いうちに地球的規模での大洪水が起きないという保証はどこにもないといえる。・・・・・・

(以上、下線と文字色は筆写による)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。
スポンサーサイト
前記事のうねる水の道についての考察です。

DSCF6003.jpg


「『 うねる水の道 』は洪水を起こし、ラーシュの原は水であふれた。

私は船で天空の東側に運ばれた。

その場所で、神々が流儀を授けた・・・・・・(オリオンの)妹はシリウス・・・・・・

水路を通ってきた。それは大氾濫の洪水の河岸であり、安心立命の場だ・・・・・

それは水平線にある・・・・・・・

どうか「うねる水の道」に持ち上げ、昇らせてください。

不滅の星たち、神々の間に置いてください・・・・・・」

             (ピラミッド・テキストより)


上記の「うねる水の道は洪水を起こし、・・・」という部分ですが、もう察しのいい読者はお気づきのとうり、これは天の川=銀河の赤道面の通過が大洪水を引き起こしたことを言っているのではないかと思ったわけです。

今までの記事で見てきたように、私は大洪水は急激なポールシフトの結果として起こったのではないだろうかと考えているわけですが、それを伝えようとしているのではないかと・・・。

もちろん、「うねる水の道」はナイル川をも同時に表わすとのことですので、「毎年夏至の頃に起こるナイル川の氾濫」を表わしている可能性もあります。

しかし、全体の描写は「天空」という言葉ややオリオン・シリウスなどあきらかに「星空」を思わせるので、これは天の川のことを言っているように思えるのです。

また、エドフ・テキストにも書かれているように、ピラミッドと大洪水のイメージは切ってもきれないような関係にあるので、これはナイルの大氾濫ではなく、地球規模で起こった大洪水なのではないだろうかと思えるのです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

もし仮に太古の昔、獅子座の時代に太陽系が現在のように銀河の赤道面を通過し、またそのことによって地球規模の大洪水が起こったとするなら、そしてピラミッドを造った人たちがその生き残りであるのなら、彼らがギザ台地に巨大な複合遺跡群を造るという壮大な仕事をしてまで後世に伝えたいと思った事柄とは一体何だったのでしょうか?

太古の昔に起きた太陽の異変、それにともなって起きた地球規模の大変動・大洪水のことを伝えること以上に大切なことが他にあるでしょうか?

しかし、大洪水によって文明の痕跡がすべて破壊されてしまい、知識のある人間もほとんどいなくなってしまったのなら、これらを後世に残すのは至難のわざだっただろうと思えるのです。

だから、自分がもし彼らの立場に立ったら一体どうやって後世の人にそれを残そうとするだろうか?ということを逆に想像してみるのです。
 
以下は私の推測です。



高度な天文学をもっていた古代人は、この地球規模で起こった大変動が、また13000年後の遠い未来の時代にも確実にやってくるであろうことを知っていました。

また、自分達の経験から、未来の人類が遭遇するであろう困難も予測がつきました。・・・・つまり、突然やってくる大変動に対する知識不足からくる驚き、とまどい、恐怖・・・。

こうしたことを少しでも緩和し、未来の人類を助けるために、知恵の神トト・および賢人達はその知識を地上に残そうと決めたのではないでしょうか。(トト神はそれだけではなく、「不死」の知識をも人類に教えようとしていたとテキストにはあります。…参照 トト神のことば…「上にあるごとく、下にもある」

しかし、いざ知識を残すといっても次の大変動期まで1万年以上ものへだたりがあるわけですから、そう簡単にできることではありません。何より、これだけの長い期間、風雨や地震・戦争など考えられるいかなる災害にあっても朽ちないものに残さなくてはなくてはなりません。
だからこそ古代人はピラミッドのような堅固な建造物を造ったのではないでしょうか。

しかし、こうした建造物を「ハード」とすると、それを理解するためのものが必要です。
そのために、古代エジプト人はピラミッド・テキストやエドフ・テキストなどの石に書かれた言葉をソフトとして残しました。それを正しく解読することが重要であることはいうまでもありません。

また、古代エジプトにかつては残っていた、厳格なまでに長期にわたって守られてきた儀式にもそれらが残されているはずだと思うのです。

また、人類が彼ら古代人のことばの意味を理解してくれるかどうかは分からないので、文字はシンボルや絵文字など、なるべく「見ただけでそれと分かるような」表記の仕方を工夫したことでしょう。

           Egypt_Hieroglyphe2.jpg
            ヒエログリフ (hieroglyph, 聖刻文字、神聖文字)
 
また、数字や数学はどの民族にもわかる「普遍的な言語」なので、ピラミッドなどの建造物に天文学に関する数字などを組み入れるということも行われています。

しかし、天文学を理解していない人類に、星の動きに関する難しい概念を伝えるためにどうすればいいのかをひねり出すことは、彼らにとって頭の痛い問題であったに違いありません。

彼らは、宇宙空間における地球の動きと最差運動などの知識を、地上に遺跡などの形で残しました。また、それらと共に、宇宙の法則=「私達に宗教と呼ばれているもの」をも残そうとしたのではないでしょうか。

アンコール遺跡が果たしてピラミッドと直接の関係があったかどうかはよくわかりませんが、アンコールにある紀元前10500年の竜座の形を映した寺院群は、たとえ何度か立て直されたものであるとしても、元々あった位置に建て替えさえすれば、配置自体はかわらずその目的を達せられるはずです。(関連記事…「白鳥座(Cygnus)について調べてみる」


同様なことを伝える目的でエジプトにおいては、トト神のことばから推測すれば、エジプトの地を大きな用紙(またはカンバス)に見立て、空の景色の映し(鏡)のように仕立てたのではないでしょうか。

銀河の赤道平面の通過とともに起こった太陽系の異変を知らせるために、何より大事な中心的素材は「銀河平面」です。
古代の賢人たちはこれを表わすため、「ナイル川」という自然の構造物を使ったのかもしれません。


私は、古代エジプト人は建造物を造るだけではなく、すぐれた治水技術ももっていたはずだと思っているので、必要ならばナイルの形を変えて天の川に見えるように整えることさえ可能だったのではないかと思っています。

ハンコックによれば、紀元前10500年の天の川とナイル川は、完全な一致を見せるといいます。

                  天の川とナイル川
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2013051704より
(上の写真はナイル川ではありませんが、紀元前10500年当時のナイル川と天の川はこのような配置になっていたということです。)


そして、獅子座などの当時見えていた星座の姿を地上に残すことで、当時が「いつであったか」を表わすことができるわけです。→「天界を映す鏡」補足

またさらに、周期的に大変動が起こる要因となっている太陽系の動きや最差運動についての知識を、古代人は遺跡に残そうとしたのではないでしょうか。

あとは、未来の人類が彼らの天文学に追いつき、それらに隠された「謎」を解明してくれれば彼らの偉大な業績と骨折りも無駄にならずにすむはずです。

私達は、これほどまでの情熱と労力を注いでくれた古代の賢人達にもっと感謝を捧げなければならないのではないでしょうか。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


そして、もうひとつ気づいた大事なことがあります。

 (天の川銀河の中を蛇行しながら公転している)太陽系が銀河の赤道平面を通過するという行為(つまり、天の川の中心付近を太陽系が横切るという行為)を、地上のナイル川に映そうとするとどういうことになるのかを・・・


arrow32_2013101910072395d.jpg



つまり、それは「ナイル川を横切る」、「ナイル川を舟で向こう岸に渡る」、という行為にあたるのではないでしょうか。

長くなるので、これについてはまた次回に送りたいと思います。







FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。
前記事「エジプトの原初の海から最初に現れた小丘」について、少し補足しておきたいと思います。


・・・・いうまでもないが、エドフ・テキストの「世界のはじまり」という言葉は、「最初の時」あるいは「原初の時」と同義である

この時代に、「賢者のことば」が知恵の神トトによって書物の形に筆写され、その中に、ナイル川沿いの「聖なる小丘」の場所が示されているという。テキストによれば、その書物のタイトルは「原初の時の小丘の詳述」となっている。

そこには、あまり意味のない「丘」や神殿の記録だけでなく、時が始まったとされる「偉大なる原初の丘」についても記録されているという。いくつか興味深い点を示しておこう。

①「偉大なる原初の丘」とは、エジプトの大ピラミッド内部の下層に組み込まれた自然の岩丘のことであると、最近になってI.E.S.エドワーズ博士が関連づけた。


              giza_20130921023139b4d.jpg
http://www.yugakusha.net/study/yoshimura_egypt/200807/200807-1.htmlより
             (ご覧のようにピラミッドの立つギザは台地になっています。)



②エドフのビルディング・テキスにある「賢者」は7名。
彼らが特別にもっていた知識は、「神殿や聖なる場所をいかに造るか」に関するものだった。

さらに、「偉大なる原初の丘」の工事に着手したのも彼らである。この仕事にはトトも参加して、「最初の時」のオリジナルの「神話的」神殿を建設した。

(③~④省略)

⑤現在まで残っている古代エジプトの文献全体の中で、「七人の賢人」について触れているのはエドフのビルディング・テキストだけである。・・・だが、このテキストが賢人について述べるときの文脈には、注目すべき点がある。

文脈には、「洪水」のイメージが頻繁に出てくるが、この「原初の水」(そこから偉大なる原初の丘が姿を現した)がゆっくりと引いていく姿が描かれているのだ。

聖書の洪水の中で、ノアの箱舟は山の頂に停泊する。

また古代バビロニアの「七賢人」は、伝承によると洪水の前の時代を生きたとされ、聖なる都「ウルク」の壁を建設したといわれる。

さらに、インドの伝承では「七賢人」が洪水で生き残り、洪水前の世界の知恵を後世の人々に残そうとした、とある。これは偶然の一致なのだろうか?

いずれの場合も、賢人達は「大洪水を生き抜いた高い文明をもつ人々」とされ、新しい時代の夜明けに、新たなる出発をしている。 

この新しい時代の夜明けを、エジプトでは「最初の時」と呼んだ。 

(創世の守護神・下より)



              aoshima.jpg
              (写真は伊豆諸島の最南端にある青ヶ島ですが、「原初の海」から水がゆっくりと引いて、「原初の丘」が最初に姿を現したようすをイメージしてほしくて貼りました。)






FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。
今日は古代遺跡のことではなく、数日前、確か台風の去った翌日の17日の夕方の空を撮った写真を載せてみたいと思います。(神奈川県横浜市にある自宅近くから。)

実は数ヶ月前から、○○肩になってしまったので肩が重いせいもあり、なかなか思ったようにブログの更新ができないことを皆さまにお詫びいたします。


   HI3H0667.jpg

   ごらんのように、空にハケでスーっと描いたような雲がたくさん出ており、きれいなだあと思って携帯で撮りながら歩いていました。


HI3H0682_20130920144615694.jpg
雲はみな北から南の方に向かって線を描いていました。




                     
                 HI3H0669.jpg
              
                そのうち、夕日が地平線に沈んでいくのが見え・・・

      HI3H0674.jpg


だんだん夕焼けのオレンジ色が濃くなり・・・雲もオレンジ色に染まって・・・

              
HI3H0683_201309201523548fe.jpg

                                                                          
            HI3H0690.jpg
            ふと上を見上げると、上空におもしろい形の雲がありました。


            HI3H0686_20130920153041ed5.jpg
            ああ・・・「火の鳥」だ・・・。



    HI3H0686_20130920153041ed5.jpg
(エジプトの原初の海から最初に現れた小丘に止まったという)あの「火の鳥」がついに帰って来てしまった・・・。
なぜかそういう風に思ったのでした。      



HI3H0694_2013092015501112a.jpg

北の空には、東西に長くのびる一直線の地震雲(?)のようなものが出ていました。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。
ご無沙汰しています。

このブログをはじめて以来、こんなに間をあけたことはありませんでしたが、その理由としては、以前にも書いたようにもう大体書きたいことは書いてしまったと思っていたからです。

しかし、ブログを一ヶ月以上更新しないにもかかわらず、足跡をつけてくださるありがたい読者の方もまたいてくださるのに励まされて、もう少しだけ書いてみようかと思います。

詳しく読んでくださっている方ならたぶんお気づきのように、私自身ピラミッドのことについて興味があるといいながら、肝心のピラミッド本体のことについてはあきれるぐらい少ししか書いていません。まあ、それは意図的に残しておいた部分もあるのですが・・・

しかし、混沌としていた思考が書くことによって整理されてまた新たな発見ができることも多々あったので、まだ断片的でしかない考察もとりあえず書いてみようかと思って筆を起こした次第です。

読者の方々には、こんな個人の主観的な考察を述べたブログに頻繁に訪れてくださって感謝しております。

それでは、ここから主にピラミッドについて考察したことについて書いてみたいと思います。まずはハンコックの「創世の守護神・上」の抜粋からです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



・・・・・・もっとも古く謎に満ちているのが「ピラミッド・テキスト」だ。紀元前2000年代の後半に、さらに古い資料から書き写され、集大成されたものである。 

これらの注目すべき記録は、ギザから16キロ南、サッカラに存在する第五王朝と第6王朝の王墓の壁に、見事なヒエログリフ(絵文字)で彫刻されている。
大ピラミッドと大スフィンクスの秘密を解明する鍵は、ここに潜んでいる。

vcm_s_kf_repr_400x316.jpg



天文学的な本質

過去百年の間に、さらに多くのテキストが現代語に翻訳され、研究対象となった。学者達の大多数は、複雑な天文学的記述やシンボル、寓話や比喩がそこに含まれていると認めている。

だが、天文学的な側面こそが、テキストの本質だと見なしている学者は非常に少ない。この少数派に含まれるのは、第4章で取り上げた故ジョルジョ・デ・サンティラーナとハーサ・フォン・デヒェントだ。

彼らの論文「ハムレットの臼」の中には、死んだファラオの魂は天空を旅すると考えられていた、とある。・・・・・・・

サンティラーナとデヒェントは、学者の翻訳したものの多くが、あまりにも不適切だと嘆いている。
それらの翻訳が、テキストの天文学的な側面を、まったく意味がないかのように扱っているというのだ。


来世

古代エジプトから残存している初期の宗教文献には、「死者の世界」とその特徴を表わすために、非常に力強い、象徴的な言葉が登場する。
その世界は「デゥアト」と呼ばれ、近代のエジプト学者たちは「来世」あるいは「冥府」と訳してきた。だが、ピラミッド・テキストにおける「デゥアト」は、明らかに星空のどこかにある。



セリム・ハッサンは、エジプトの歴史を通じて碑文に出てくる「デゥアト」を、次のように分析している。

・・・・・・「オリオンはデゥアトに覆われる。地平線の住人(ラー=太陽神)が清められる間に。シリウスもまたデゥアトに覆われる。・・・・・・・(彼らの)父アトゥムに抱かれて」

(古代エジプトにおいてはオリオン座はオシリス神と、シリウスはイシス女神としばしば同一視される。)

そして、ハッサンはこう解釈した。

「この意味は明らかだ。太陽が地平線で清められるとき、王と同一視されたオリオンとシリウスの星がデゥアトに覆われる。これは、実際の自然現象を観察したもので、現実に起こることだ。

星は毎朝、夜明けの光に飲み込まれる。デゥアトの語源は、たぶん、「ある範囲の星」という意味で、星を覆う概念を示したものだろう。星の仲間に加わろうとする死んだ王(ファラオ)は、まず、デゥアトを通り抜けなければならない。そうすれば、王は正しい方向に導かれるのだ。


 冬の大三角形
  「天の川に覆われた」ように見えるオリオン座とシリウス。(シリウスは中央下のほうにある明るい星で、オリオン座のベテルギウス(右上の赤い星)、こいぬ座のプロキオン(左上)とともに冬の大三角形を形づくっている。
http://www.cabinet-cbc.ed.jp/db/rika_cd/tentai/html/24f.htmより)

・・・・・・デゥアトの天界における領域について、ハッサンの認識はある程度正しい。
確かにデゥアトは東にあり、観察できるのは夜明けだ。・・・・・・・

だがハッサンは基本的に宇宙の動きに詳しくなく、時間と場所に関して、ピラミッド・テキストから適切な節を選んでいない。ゆえに、重大な解釈の間違いを犯している。
そして、天文学に無知な数多くの学者たちによって、その誤解はさらにひどくなっていく。 

・・・・・・・そこでこれらの事実を心に留め、宇宙にある「デゥアト」を解釈しなおしてみよう。
今回は、天文学的に正しい文脈での解釈である。



古代エジプトのテキストをひも解いてみると、デゥアトのもっとも顕著な特徴は、宇宙の大河、「うねる水の道」との関係だ。これまでの研究で、「うねる水の道」が「天の川」であることは、まず間違いない。

さらに、古代のピラミッド・テキストを集大成した神官・天文学者が、天界の「うねる水の道」を、ナイル川と見ていたこともあきらかだ。 
    

毎年起こるナイル川の「大氾濫」も、やはり夏至のころのことだった。

            
「『うねる水の道』は洪水を起こし、ラーシュの原は水であふれた。

私は船で天空の東側に運ばれた。

その場所で、神々が流儀を授けた・・・・・・(オリオンの)妹はシリウス・・・・・・

水路を通ってきた。それは大氾濫の洪水の河岸であり、安心立命の場だ・・・・・

それは水平線にある・・・・・・・

どうか「うねる水の道」に持ち上げ、昇らせてください。

不滅の星たち、神々の間に置いてください・・・・・・」




                天の川とナイル川
              Andrew Fazekas
             for National Geographic News
             May 18, 2013



関連記事…「 天界を映(うつ)す鏡 」


FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。