古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
5位
アクセスランキングを見る>>

2013 05 00:00:00

トト神からのメッセージ

HI3H0729.jpg

催眠に入ると繰り返し出てくる(古代エジプトの)前生のシーンの中で、久しぶりにまたトト神の姿を見ることができた。

今日、一番印象的だったことは、トト神が鳥のようなくちばしを持った奇妙な顔なのにもかかわらず、催眠状態の中では知的な奥深さを湛えた好ましい人物に思えたことだ。

トト神は左腕に銀色っぽい金属のようなエジプト風の太い腕飾りをしていたが、そのむき出しの腕は若々しく見えた。



このシーンが終わった後、ためしに誘導者に「トト神に何かメッセージはないか聴いてみてください」とお願いしてみた。

すると次の瞬間、トト神の姿が消え、代わりに空中に浮いたひとつのアンク(Ankh)を見せられた。
(Ankh は古代エジプト語で「生命」を意味する。)


トト神のメッセージは、ただそれだけだった。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
(解説)

わたしは、古代エジプトの数々ある謎のなかでも、とりわけ謎なのは実は「ピラミッド」などの目に見える建物のほうではなく ( もちろんその用途は多くの謎に満ちていますが)、むしろ目に見えない「死と生命に関する科学」とでもいうようなもののほうではないかと思っているのです。

わたしは、古代エジプトの絵画などに描かれているアンクについて、これまであまり深く考えず通り過ぎてしまうことが多かったのですが、トト神は 「これについてもっと注意を払いなさい」と言っているように思えます。

( しかし、私にはたしてそのような深遠なアンクの意味がわかるのか、はなはだこころもとないですが・・・。) 

自前の絵でお恥ずかしいですが、この絵はわたしが最近催眠状態の中で見たトト神の姿と、その次の場面で見せられたアンクを同じページに描いたものです。

自分の絵をこのブログにアップするのは恐らく初めてだと思いますが、わたしはヒプノセラピーなどを受けた後など、自分が催眠状態の中で見た場面や人物などをノートにスケッチしておくということを、だいぶ前からしています。

なぜかというと、催眠状態の中で見える映像というのは、目で見える光景とは違って消えてしまいそうにはかなく、また靄がかかったようにはっきりしないからです。

また、わたしは図のように映像で見えるタイプですが、このほかに音で聞こえるタイプや感覚でわかるタイプの人など色々に分かれるらしく、私の場合、古い映写機で映す無声映画のように、白黒っぽい絵が見えるだけで音はまったく聞こえないのです。

ですから後から順に場面をつなげたほうがストーリーが分かりやすいので、スケッチして後からつなぎ合わせるということをしています。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。            
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。