古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
3位
アクセスランキングを見る>>

2013 28 00:00:00

古事記の創世神話 その3


今までのまとめですが、

夫(ソ)レ、混元既(スデ)に凝(コ)リテ、気象未(イマ)ダアラワレズ。

名モ無クワザも無シ。誰レカ其(ソ)の形ヲ知ラム。



ここまでのところを私流に解釈してみると、

(大洪水によって)混ぜこぜになってしまった物質(元素)はすでに凝り固まり始めたが、いまだ気象(なんらかの現象)が現れない。

大地には何の動きもなく、混沌としていて、その形さえも分からない。 


こんな感じではないでしょうか。


8f1_20131228000844b0e.jpg



そしてこの部分で連想されたのが聖書の創世記のはじめのところ。


 はじめに神は天と地とを創造された。

地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。




      夜の海


この「地は形無く、むなしく、やみが淵のおもてにあり・・・」という部分が、古事記や古代エジプトの創世神話とそっくりだと思ったのです。(ちなみに辞書でふち「淵」について調べると、「底が深く水がよどんでいる所」という意味でした。)

しかし、創世記に載っているこの部分はあくまで「世のはじめのはじめ」、つまり神が万物を創造された一番最初の出来事であるはずなので、それが今回の(太陽の時代の)世のはじめの出来事と似ているというのも不思議だなあ・・・と思ったのですが。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

で、古事記の次のところに戻りますが、 



然(シカ)レドモ、乾坤(ケンコン)初メテ分レテ、参神造化ノ首(ハジメ)と作(ナ)リ、

陰陽ココに開ケテ、二(霊)群品ノ祖(オヤ)ト為リキ。



ここで前ページで調べた「乾坤(けんこん)」の意味をふまえた上で、僭越ながら私流の解釈をひとつ試みてみると、

「しかし、ついに天地(あるいは陰陽)が引っ繰りかえって、(三位一体の)神の創造の始めとなり、

陰陽が開けて、この二つが万物の「祖」(はじまり)となった。


という風に訳してみました。


「参神造化」の「参神」を、「三位一体の神」と訳したのは、これも前項にあったように古事記では「三柱の独神」(ひとりがみ)=(アメノミナカヌシ・タカミムスヒ・カムムスヒ)とあり、つまり「三人で一人の神」だということなので、
これを「父なる神」・「子なるキリスト」・「聖霊…私達一人ひとりに与えられているとされる神の分霊。」の三つで一つだとされているキリスト教の「三位一体の神」を当てはめてみました。(もちろん両者が同じでない可能性もあります。)

「造化」は万物を生じさせることだそうなので、「創造」と置き換えてみました。(「群品」も万物をあらわすそうです。)

また、古事記では「イザナギ」と「イザナミ」という男女のニ神だと訳されている「陰」と「陽」を、あえて「陰」と「陽」・「プラス極」と「マイナス極」・「北極」と「南極」という風な解釈に置き換えてみました。



        manabikata-kotai-chijiki001.jpg

                 (地球は巨大な棒磁石みたいなものなのだそうです。)


この下の「二霊」を同様に二つの「磁極」だと考えたのは、私が日ごろから「霊(体)と磁力・磁場は同じようなものなのかもしれない」と考えているところから来ています。

この理由は、ざっくり言うと、

①「惑星に磁場があるように、我々人間ひとりひとりにも磁場があるようだ」ということと、

②「我々人間には物質としての肉体を覆っている目に見えないエーテル体(霊・魂ともいう)があり、
 
古代エジプト人が太陽のような惑星にもバー(魂…なんらかの「意識」とも考えられる)があると考えていた、という二つのことがあります。

ちなみに「二霊」の「霊」は、本文では大変むつかしい字で書かれており、「雨」冠の下に「口」が横並びに三つ。
その下に「巫女(みこ)」の「巫」が書かれているという複雑な文字でした。→「靈」
 ↓
なお、この読みは(レイ、リョウ、たま、たましい)で、やはり「霊」の旧字体であることが分かりました。

なお、「ひっくり返る」「まぜまぜとなる」などの表現は、日本独特の予言書である「日月神示」(ひつきしんじ)の中にもあります。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。            


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。