古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
2位
アクセスランキングを見る>>

2014 16 00:00:00

「 NHKスペシャル 臨死体験 」

一昨日(9月14日、日曜日)の夜、タイムリーにも立花隆さんの「臨死体験」の研究についてNHKスペシャルでやっていたのでご紹介します。

ご覧になった方はいいのですが、見逃したという方はこちらのサイトで200円程度支払えば見れますので興味のある方はぜひご覧になってください。

この「臨死体験」という本が出てから早くも20年も経つというので若い方は知らない方も多いかと思いますが、これは私自身の死生観にも大きな影響を与えた内容なので、けっこうインパクトがあると思われます。

この番組に中に出てくる「死んだあと身体を離れ、上のほうに浮き上がって自分の身体を眺めている」場面などは、催眠療法でも自分の人生を振り返るときによく利用される場面です。

また、神秘的な存在と出会ったり至福感を感じることなども私が体験したのと同じで、全体的にこの体験がよく説明されていると思います。

立花隆氏はこの番組の中で、臨死体験を科学的に解明しようとする様々な取り組みの現場に行ってインタビューを行うのですが、やはり科学的に説明されえる部分というのには限界があると感じました。

でも、「科学的には説明できない」ことでも柔軟に受け入れる謙虚な姿勢というのもまた大切な気がしました。

今は74歳と高齢になり、病によって自分自身死と直面するようになった立花氏が最後のほうで言っていたのは、私と同じく「死ぬことが怖くなくなった」ことと、「どんな夢が見れるのか楽しみになった」ということでした。




               DSCF6500_201409161122554cd.jpg



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。  
関連記事
スポンサーサイト

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。