古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
4位
アクセスランキングを見る>>

2012 10 16:51:18

太陽嵐とユート族の神話

最近、太陽活動の異変に関わるニュースをよく聞くようになりましたが・・・

「太陽表面の巨大な爆発現象「太陽フレア」のせいで出された電離ガス(プラズマ)など
による太陽嵐が地球に向かう。そして、通信や送電線網、飛行機の運航などに悪影響を
及ぼす恐れがある。」
という風なシナリオを読むと、

ユート族の神話 野ウサギの神「タ・ワッツ」と気まぐれな太陽の神のお話の中の、
「太陽の神の火が、むき出しになったタ・ワッツの肩をあぶった」という部分を連想してしまうのだけど・・・

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ユート族という名前で知られているネイティブ・アメリカン(アメリカ原住民)の部族の集落は、年に一度、「サン・ダンス」と呼ばれる儀式を行うという。
(ユトはアメリカインディアンの部族の一つ。ユト・アステカ語族に属する。ユテ族、またはユート族。
ユト族の居留地はユタ州の東部、コロラド州の南西部。ユタ州のユタはこのユトから来ている。
「ユテ」とは、ナバホ族の言葉で「(山の)上のほうの人たち」という意味。)

      yuto.jpg
                 ユート族

この儀式に参加する男女は、ウサギの毛皮でできた服を身にまとう。
サン・ダンスでは、「ユート族が太陽の神を征服したときの話」が長老によって披露される。



「むかしむかし、野ウサギの神「タ・ワッツ」とその家族が荘厳なる森で焚き火(たきび)
を囲みながら、気まぐれな太陽の神「タ・ヴィ」の帰りを今や遅しと待っていた。

長い間火の番をしていたタ・ワッツはついうとうととしてしまい、その時、帰ってきたタ・ヴィの火がむき出しになったタ・ワッツの肩をあぶった。あまりにも近づきすぎたためだ。

仕返しを恐れたタ・ヴィは、地下の洞窟へと逃げ戻った

目を覚ましたタ・ワッツは怒りにうち震え、すぐにタ・ヴィのところへ行って仕返しをしようと
心に決めた。

長い旅といくつもの冒険を経て地の果てにたどり着いたタ・ワッツは、根気よく地下洞窟を
見張りつづけた。

ようやく太陽の神が外に出てくると、タ・ワッツはその顔めがけて矢を放った。しかし命中
する前に、矢はタ・ヴィの発するものすごい熱のために燃え尽きてしまった。

2番目に放たれた矢も同じことだった。次の矢も、次の矢も、全てが熱で燃やされてしまう。

とうとうタ・ワッツには、1本の矢しかなくなってしまった。

しかしこの矢こそ、決して的を外さない魔法の矢だったのだ。

魔法の矢を手に取ったタ・ワッツは、矢じりで自分の目をつつき、聖なる涙でこれを清めた。
ものすごいスピードで放たれた魔法の矢は、タ・ヴィの顔に深々と突き刺さった

そしてタ・ヴィはばらばらとなり、何千個ものかけらが地上に降り注いだ。

地上ではあちこちで火の手があがり、大火事になってしまった。



野ウサギの神タ・ワッツは、自分の起こした破壊がさらに大きくなる前に逃げ出そうとした。

燃えさかる大地を走っているうちに、まず足が燃え尽き、次に胴体が燃え尽き、腕が燃え尽きて、やがては頭しか残らなかった。

タ・ワッツの頭はころころと転がりながら谷を下り、山を登りながら進んでいった


そしてとうとう頭も燃えはじめ、タ・ワッツの目が燃えて爆発したところで涙があふれ出し、
大洪水となって燃えさかる大地を次々と呑み込んでいった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

太陽の神タ・ヴィは征服されたので、神々の会議において裁かれることになった。

長時間にわたる討議の結果出された結論は、

夜と昼、季節と年をそれぞれについて長さを決められて設定し、

太陽は時の終わりが来るまで、くる日もくる日も天空を回りつづけさせることになったのだ。 」


       
             ランド&ローズ・フレマス著 「アトランティスは南極大陸だった!」より抜粋

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ところで、ユート族のこのお話の中で「太陽の神が地下洞窟にこもってまた出てくる」部分、
日本の太陽神である天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩戸に隠れ、また出てきたお話と、少し似ていると思いませんか?
 

【参考】天照大神(あまてらすおおみかみ)

640px-Amaterasu_cave小


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。