古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
2位
アクセスランキングを見る>>

2015 13 00:00:00

「 デゥアトの隠された場所 」

以前に私は太陽神の死と再生・・・ヌト女神が表わしているものとは? その2」で、 古代のテキストに 「『 デゥアトの隠された場所 』と呼ばれる天空の領域を地上に再現するように指示した場所がある。」というハンコックの言葉を引用しました。

そして、「その天空の領域は動画によると『ヌト女神』ということになりそうなので、以下ではないかと思われます。」と言って天の川の写真を貼りました。


     600px-Milky_Way_Arch_201503062339495cd.jpg


そして、それを地上に再現した場所とはどこなのでしょう?
・・・と皆さんに問いかけましたが、覚えていらっしゃるでしょうか?
しかし、ここで以前からこのブログを読んでくださっている方は疑問に思われたのではないでしょうか。

なぜなら、ハンコックの 「デゥアトのもっとも顕著な特徴は、宇宙の大河、『うねる水の道』との関係だ。これまでの研究で、『うねる水の道』が『天の川』であることは、まず間違いない。」とし、

「古代のピラミッド・テキストを集大成した神官・天文学者が、天界の『うねる水の道』を、ナイル川と見ていたこともあきらかだ」としている説を引用したからです。→( 「うねる水の道」参照 ) 

また、他にも何度となく、ナイル川が紀元前10500年ごろの天の川を「天の鏡」のように写していたことを書いてきました。
 
しかし、ナイル川は「隠れて」などいないので、明らかに『 デゥアトの隠された場所 』という言葉の表わしているものとは違うように思えます。

そうすると、「デゥアト」とはほかに、どこか隠された場所にあるのでしょうか?




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



ところで、ずっと前に記事にしたこれ・・・ギザで発見された「秘密の地下洞窟」

この地下洞窟のことを、著者のコリンズ氏は「Duat (デゥアト)」ではないかと考えているようなのです。





FC2 Blog Ranking ←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。