古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
5位
アクセスランキングを見る>>

2012 20 12:19:22

グーグルにチェックされている!

今年の3月15日にこのブログ書き初めてから約2か月が経ったけれど、
はたしてこのブログ、どれくらいの人が訪れてくれているんだろう?

ブログを書く人なら、誰でも知りたいと思うはずのこの疑問を解決するために、
4日前の17日(木)から、ためしにブログへの「アクセス解析」というのを使ってみました。

その結果、17日と18日の二日間で、それぞれ39回、48回もトータルアクセスがあったことを知り、「な~んだ、けっこうたくさんの人が見てくれているじゃん♪」と思って喜んだのもつかの間・・・
(16日には「THRIVE」の動画、18日には「THRIVE」の中の「トーラスとベクトル平衡体」についての記事をアップしていました。)

どんな人が見てくれているのかと思ってこのブログの閲覧者を「地域」別で見てみたところ、
意外にも日本ではなく「アメリカ合衆国営利組織」という項目が半分くらいを占めており、びっくりして、「なんで、なんで??」と思って「ホスト」という項目で調べてみると、

その45パーセントが「グーグルクローラー」、あるいは「グーグルボット(Google bot)」
と呼ばれるグーグルの(ブログ内容の監視を目的としていると思われる)ロボットであることが判明したのです。


そして閲覧者の中には個人ではなく、地域もホストも不明な組織も・・・

(参考)グーグルボット(Googlebot)

大体、まだ立ち上げたばかりで外部からひとつもリンクも貼られていなければ、閲覧者もさほど多くないこのブログに、グーグルクローラーとやらがこれほど頻繁に訪れているのは異常に思えます。

どうやら、このブログで載せている内容は、この営利団体のカンに障るようです。
しかし、同じような内容を載せているブログはほかにもあるはずだと思うのですが・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

以前にカレイドスコープさんのブロググーグル問題については知っていたので、怖いとは思っていましたが、まさかここまでとは思いませんでした。

(ちなみに、「グーグル問題」あるいは「晴耕雨読」などのキーワードで検索しても、
問題の本質に突き当たらないよう、これらのキーワードを入れたブログが乱立しているようです。

もし、グーグルの問題を知らない方がいたら、ぜひこのブログを読んでみてください。
               ↓
「グーグルのプライバシーポリシー変更は大問題 」


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


なお、この記事にしたがってクッキー(cookie)をオフにしようとしたのですが、

「3月1日、あなたが丸裸にされる前にグーグル設定変更を」

cookieを二つともオフにしたら、ブログ記事を新しく投稿、管理するのに必要な
「管理画面」にさえいけなくなってしまいました。


それゆえ、仕方なく以下の手順でもとに戻しました。(でも、こんなやり方って違法なのではないでしょうか?)

「ブラウザの Cookie がオフになっている」

それゆえ今後、私は情報が筒抜けと知りながらネット生活を続けていかねばなりません。

・・・しかし、グーグルのサービスを利用している多くの人たちも、知らないうちにそうなっているのではないでしょうか?


グーグルのサービスは、今や逃れられないほど広く私たちの周りを取り囲んでいます。

たとえば私は検索エンジンとして「YAHOO!」を使っていますし、また「YOU TUBE」の動画も生活に欠かせないものとなっています。Twitterやスマホもしかりです。

もう、今ではグーグルに管理されない手立てはないのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。