古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
5位
アクセスランキングを見る>>

前回のつづきで今回も聖書についてですが、(このブログ、最初から順番に書いているのでよく分からない人は最初から読んでみてくださいね。)

私は若いころ、7年くらいクリスチャンとして教会に通っていた時期がありました。

でも教会に通っているからと言って、週に一回の牧師さんの説教を聞いているだけでは、それほど幅広く「聖書」を理解することにはつながらないことにしばらくすると気がつきました。

なぜなら、牧師さんは決められた時間の中で、いかにお話をおもしろく、また教会に来てくれた人々を教化し感動させるかといったことに主眼を置くからです。

そこで自分でも聖書を勉強するわけですが、聖書は新約・旧約合わせるとけっこう分厚い内容なので、すべてを通読するのはなかなか大変なのです。

それに、日本とは全然違うイスラム圏の文化を理解するのは難しく、聖書図鑑などを併用してみて、ようやく少しずつわかってくるというのが本当のところです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、それでは本題ですが、このむつかしい聖書の中でも特に分かりにくいところが二つあります。

それは、聖書の1番初めにある「創世記」と呼ばれるこの世の始まりの物語と

1番終わりにある「ヨハネの黙示録」と呼ばれるこの世の終わりの物語(つまり未来のこと)です。

創世記の中には、神が人間を作ったことを後悔し、「ノアの洪水」を起こして人類をいったん滅亡させる話が出てくるのですが、この地球規模で起こったといわれる大洪水の話が信じられなかったのです。

当時は、当然信仰心があったから教会に通っていたわけですが、だからと言って聖書の内容をすべて鵜呑みにしていたわけではなく、自分で考えてよくわからない箇所、不思議な箇所はとりあえずそのままにして脇に置いていたのです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

創世記6-5~9

主は人の悪が地にはびこり、すべてその心に思い図ることが、いつも悪いことばかりであるのを見られた。

主は地の上に人を造ったのを悔いて、心を痛め、

「私が創造した人を地のおもてからぬぐい去ろう。 

人も獣も、這うものも、空の鳥までも。

私は、これらを造ったことを悔いる」と言われた。

しかし、ノアは主の前に恵みを得た。・・・ノアはその時代の人々の中で正しく、かつ全き人であった。


そして神はノアに箱舟を作るよう命じて、ノアの家族と地上の全ての生き物のひとつがいずつを箱舟の中に入れるように指示し、ノアとその家族を生きながらえさせました。

       10036443_3d49abd61f_b_20120613135737.jpg


そしてノアたちが箱舟に入ってから7日後・・・

その日に大いなる淵(ふち)の源は、ことごとく破れ、天の窓が開けて、雨は四十日四十夜、地に降り注いだ。・・・・・・

洪水は40日の間地上にあった。水が増して箱舟を浮かべたので、箱舟は地から高く上がった。

また水がみなぎり、地に増したので、箱舟は水のおもてに漂った。

水はまた、ますます地にみなぎり、天の下の高い山々は皆おおわれた。水はその上、さらに15キュビト(1キュビトを約45cmとすると、6・75メートルくらい)みなぎって、山々は全くおおわれた。

地の上に動くすべて肉なるものは、鳥も家畜も獣も、地に群がるすべての這う(はう)ものも、

すべての人もみな滅びた。・・・・・・・ただノアと、彼と共に箱舟にいたものだけが残った。

水は150日のあいだ地上にみなぎった。


(つづく)

       
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。