FC2ブログ

古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
<< 2019 >>
検索フォーム
カテゴリ別記事一覧
最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
5位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

太陽系の最外縁部には奇妙な磁気バブルが存在していることが判明(NASA)

   
とりあえず、気になったニュースがあったので貼りつけときます。

「カラパイア」より・・・
「太陽系の最外縁部には奇妙な磁気バブルが存在していることが判明(NASA)」

米航空宇宙局(NASA)は9日、惑星探査機ボイジャー1号と2号のデータをコンピューター解析した結果、太陽系の最外縁部には奇妙な磁気バブルが存在し、これまで考えられたように滑らかな状態ではないことが分かったと発表したそうだ。

6ca9c02a.jpg

(ソース:太陽系最外縁部は磁気の泡だらけ、NASA  AFPBB News)

1977年に打ち上げられた2機のボイジャーは現在、地球から160億キロ離れた太陽系の最外縁部を探査している。太陽系最外縁部についてはほとんど分かっていないが、ここでは銀河系の星々が及ぼす様々な影響によって太陽風が弱まり、磁場がゆがめられると考えられている。

ボイジャー

b1435ff7.jpg


NASAによると、太陽の磁場が爆発現象を起こすと、遠く離れた太陽系の最外縁部で激しい磁気バブルが発生することが分かった。この磁気バブルは幅1億6000万キロに及ぶ巨大なもので、ボイジャーがその1つを横断するのにも数週間を要するという。

 これまでの仮説では、太陽の磁場は優雅な曲線を描いて再び太陽に戻っていくと考えられていた。しかし、実際の太陽系の最外縁部は、磁気の泡だらけの海のようなものだとみられる。

YOUTUBE動画:(省略)
NASA | Voyager Finds Magnetic Bubbles at Solar System's Edge



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://hoshinotobira.net/tb.php/42-972f241f
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。