FC2ブログ

古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2019 >>
検索フォーム
カテゴリ別記事一覧
最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
4位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QR


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

「どんな災いがふりかかろうとも」

   
img_445692_5246734_1.jpg


前回の記事で映画のことが出てきましたが、あの3つの中でもジョディ・フォスターが主役を演じた「コンタクト」は私にとってもとても印象深く、また面白い映画でした。
「別次元」がどんなものかを知りたい方には、お勧めかもしれません。

また「夢の中や、次元を探求するさまざまな概念に触れてそれを思い出す」とありましたが、今日はそれについて少し個人的な話を書いてみたいと思います。

まず、「夢」についてですが、これを私は自分の潜在意識からのメッセージとして重要なものとみなしているのでよく覚えていますし、場合によっては記録することもあります。
実は、地球の大変動のことを思うとき、自分にとって心の支えになっている夢がひとつあるのです。

私は小さいころ、といってもせいぜい小学校の低学年くらいまでだったと思うのですが、すごくリアルでSFチック、あるいは奇想天外な夢をよく見ました。

そのうちのいくつかは断片的で意味もよく分からないものでしたが、ひとつ言えることは、今だに覚えているほどインパクトがあったということです。

そして、そのうちいくつかは、わたしの魂が本当に体験した出来事ではないかと思えるのです。
なぜかというと、あまりにもリアルだったし、またその頃の自分には想像もつかないような出来事、あるいは場面の展開だったからです。

私が年頃になったころ、ようやく「未知との遭遇」や「スターウォーズ」などのSF超大作と言われる映画が公開されるようになりましたが、私が子供のころにはほとんどなかったし、また見たことも皆無だったのです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

6120614176_40f60f61cd.jpg


「子供のころの夢で印象深かったもの」

1、まるで他の星のような不思議な雰囲気のところ。
静かなエメラルドグリーンの海が大半を占め、はるか向こう岸に対岸の島(あるいは半島)が見えているほかには何もない。
私は髪の長い女性で、その海を向こう岸目指して音も立てずに泳いでいるが、よく見ると水面ではなく、水の中を息継ぎもせずに泳いでいる。

2、自分が超人的な身体能力をもっていて、町の中でバク天しながら坂道を下る夢(笑)、

3、これも地球だか他の星なのだかよく分からない不思議な場所で、ふと上を見上げると、夜空に月のような大きな星が見え、普段はひとつしかないのに、ふたつになっていたので非常に驚き、他の人にも伝えると、他の人も驚いて皆が騒ぎ出し、みんなで怯えている夢。

でも、何より一番インパクトがあったのは、「自分のいる星に向かって巨大な(に見えた)星がまっすぐに突っ込んでくる」夢です。それはまさに私たちの惑星にぶつかる直前で、恐怖のあまり飛び起きたのを覚えています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



最近、TVの「ディスカバリー・チャンネル・ベスト」という番組で太陽系の成り立ちについて解説した番組を見たのですが、太陽系では、初期の時代に「ちり」がかたまり惑星になる過程で、あるいは惑星になってからも、星同士でたくさんの衝突という事件があったということを語っていました。

古くから多くの生まれ変わりを経験してきた私の魂は、あるいは太古の地球でそれを経験したのかもしれないと思っています。それゆえ、今ここで何事もなかったように生きているということ自体、私にとっては奇跡のようなことなのです。

今、地球の大変動といっても、よその星がまるごとぶつかってくることに比べればまだ序の口のような感じさえします。自分が過去にあれほどの大惨事を経験し、粉々に砕かれてもなお、まだここでこうして生きていられることを思うと妙な自信さえ湧いてきます。

・・・思えば、この物理次元の地球で私がどんな災害、どんな事件に巻き込まれようと、また私の身が粉々にされて朽ち果てようとも、私の本質である「霊と魂」には何一つ傷はつけられないのだなあと心強く思うのです。




FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリックよろしくお願いします。


関連記事
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://hoshinotobira.net/tb.php/51-83c8dc35
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。