古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
5位
アクセスランキングを見る>>

2012 08 10:02:54

トト神のことば…「上にあるごとく、下にもある」


さて、前回の記事にも紹介したトト神のことば「天に起こるすべての物事は何らかの方法で地球上に反映されている」ですが、私がこれについて興味を抱くようになったのは、「創世の守護神」の上巻に書いてあった、これとほぼ同じようなトト神のことばでしたので、以下に抜粋したい思います。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

天空と地上、魂の再生と不滅をテーマにした古文書がある。キリスト教初期のエジプト、アレキサンドリアで、ギリシャ語で書かれ編纂されたものだ。

「ヘルメス文書集」と呼ばれ、エジプト古代の智慧の神トト(ギリシャ人にはヘルメスとして知られている)の著作とされている。その中で、門弟アスクレピオスに語った言葉がある。

「知らないのかアスクレピオス、エジプトは天界のイメージだということを?・・・・・より正確に言えば、天界を支配するすべての力とその働きが、地上という下界、つまりエジプトに移されていることを?」

ヘルメスによると、天界の力が求められたのは、人々の不死を求める心を満たすためだったという。

これは前記事の「天に起こるすべての物事は何らかの方法で地球上に反映されている」ということばによく似ていますが、「エジプトは」と場所を限定しているので、よりわかりやすくなっています。

そして事実、ギザ台地をはじめとするエジプトのナイル川流域には、ある種の星座や、地球をはじめとする太陽系の惑星などの天界の情報が満載されているように思えるのです。 

(大ピラミッドは地球の北半球の縮図だということはある程度知られていますが、「ピラミッド秘密の地下室」(倉橋日出夫著)という本によると、ギザの3大ピラミッドはそれぞれ正確に地球と金星、火星を表しており、ダハシュールの2つのピラミッドはそれぞれ木星と土星を表すというように、ピラミッドにはそれぞれ各惑星と正確な対応関係があると述べられています。)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


                  311px-Thoth_svg_20121008193033.png
            トート(ギリシャ語:Θωθ;トトとも)は古代エジプトの知恵を司る神。 

(トト神は死者の裁判においては心臓の計量に立ち会い、記録する神として描かれています。→「マアト」とはなにか



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。