古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
2位
アクセスランキングを見る>>

いくつもの「太陽」の時代の記事の最後に、 「この時代の運命は、人々が創造主の計画に沿う行動をとるかどうかで決まる。」とありましたが、それでは具体的にホピ族の予言とはどういうものだったのでしょうか?

私のもっていた「ホピ的感覚」という本の中に、ちょっと古いですがホピ族の長老の言葉があって、今の私たちに当てはまるのではないかと思ったので、それをそのまま紹介しようと思います。

以下は、この長老が1995年の阪神大震災の時に、日本のわたしたちのために送ったメッセージだということです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 ホピ族の長老、マーティン氏からのメッセージ

神戸地震(阪神・淡路大震災)について、日本の人たちへ伝えたいこと  
                          マーティン・ガスウィスーマ(1995年1月18日)



日本で地震が起こり、たくさんの人たちが死んだ。これは、わしらホピに伝えられてきた預言をお思い起こさせる。わしらの預言は、時から時へ、過去から未来へと起こる多くの出来事を教えている。

わしらの祖先は、こう伝えてきた。
「いつの日にか、何かのバランスが崩れると、悪いことが次から次へと起こり、大地と人々の命が破壊される」と。わしらは長老たちから、そう教わった。

長老は、同じことが大昔(前の世界)に起こったことがあるので、再び繰り返されると知っていたのだ。だからこそ、わしらホピは、大地と生命のために、その預言を世界中の人たちに伝え歩かねばならなかった。

今、世界中の人々がバランスを失っている。昔の生き方に戻らねばならない、と長老たちは言っていた。そうすることがとても難しいことは、わしは知っている。だが、バランスが大きく崩れると、地震、竜巻、病気の蔓延、飢餓、火山の爆発などさまざまな災厄がやってくる。

わしらは、自分たちの身も心も守らねばならない。新しく、近代的なテクノロジーは確かに強い。だが、その力でいつもコントロールできるとは限らない。もしも事態が悪化すれば、なんの役にも立たなくなるだろう。

飢餓がくれば、大地から食べ物を得るのは難しくなるだろう。すべてが汚染されているからだ。そのために、わしらは大変な目にあう。だから、何よりもバランスを取り戻さねばならん。

わしらは今、まるで自分を滅ぼそうとしているようなものだ。もしも、わしらがバランスを少しでも取り戻さなければ、すべてのことがますます悪化していくだろう。人も動物も大地もすべてのものが滅んでいくだろう。そして、戦争がやってくる。

わしらホピは、浄化されなければならないことを知っている。・・・しかし、今や、すべての人々のバランスが崩れているので、未来にはとても困難なことが待ち受けている。

・・・何か、もっと酷い死者が出る何事かが近づいている。動物も人を襲うようになる。すべてはバランスが狂っているからだ。わしら自身を浄化し、バランスを取り戻さなければ、戦争や破壊を止めることはできない。

自分たちの信じていることを、もっと積極的に進めなければならない。
わしらの言うことを信じるのは難しいいかもしれん。だが、重ねて言おう。あなた自身にかかっているのだ

わしには、あなたたちの心を変えたりする力はない。わし自身で、あなた自身でなにかをするのだ。
自分の信じている霊的な道や気持ちに対して、あなた自身が変わらねばならない。

すべてはあなたたち次第なのだ。自分自身と人々のために、大地や動物たち、地球のために、何かをするのだ。

わしらは皆、ひとつの地球の上にいる。神戸の地震はまだ終わっていない。大地はまだ揺れている。

だからこそ、わしらは、大地や人々や動物や木々や草花を救わなければならない。それを救うのは、あなた次第なのだ。植物は、病気の治療のための薬として、わしらが使ってきた役立つものだ。

この地上のすべてのものが救われ、生き残ることは、わしらの願うところだが、すべての人が生き残るというわけにはいかないだろう。地震や、あるいは竜巻、洪水、地球上に蔓延する病が人口を減らしていくだろう。

わしらは今、まぎれもなく危機に直面している。
自分のことと、人々のことを考えるのだ。そして、生き残るためには、ともかく将来に向かって進むしかない。あなたが信じようと信じまいと、わしらに伝えられた預言のすべてが現実となっている。

長老から、これらの話を聞いたときには、わしは信じなかったが、今にして思えば、すべてが、わしらの長老が伝えてきたとおりだ。どうか、自分自身と他の人々のために、よく考えてほしい。

ありがとう。このことを話せてうれしく思う。



・・・・・・(つけ加えて、)もうあんまりのんびりしていてもだめだ。残された時間は、ほんの数年しかない。十年もないのだ。浄化の日は、もうすぐそこまで来ている。

地震は終わったわけではない。大地はまだ動いている。明日か、来月か、来年か、ともかくもっともっと大変になるだろう。
だからこそ、わしらの教えが、広まらなければならない。どうか、このことを広めてほしい。それを聞いたなら、自分の力以上の目に見えない助けが必要になるはずだ。

霊的な道を信じなさい。 祈りを捧げなさい。 そうすれば、スピリットが夜に夢の中やその他の方法で教えてくれる。ときには、動物が話しかけてくれることもある。わしには、そういう経験がある。小鳥と話したことがあるんだ。・・・

浄化の日は、世界中のあらゆるところで、すでに始まっている。 次の段階が来月か、来年か?
物事が起きている時には、最後にならないと、それに気づかないことがある。気をつけて、自分を大事にしなさい。


                                             (以上)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。