古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
2位
アクセスランキングを見る>>

2012 31 12:39:52

今年はお世話になりました。

いつもここの記事を見に来ていただいてありがとうござます。

以前からそうだったのですが、ここへのアクセスを見るとたくさんの方、それも関東圏だけでなく、もっと遠い地方の方までもが足跡をつけてくださっているのを見て、とても新鮮に感じると共に、ひそかに嬉しく思っておりました。

なぜかと言うと、私は今までmixiぐらいしかやったことがなかったので、いつも決まった範囲の決まった友人としか交流して来なかったからです。そういう環境の中に長く身を置くうちに、もっと思っていることを正直に発信したい、それももっと多くの方に…という気持ちが強くなりました。

その点、ブログだと発信するだけなのであまり交流はできませんが、不特定多数の人に記事を見てもらいたいという思いのほうは叶いました。また、私を個人的に知っている人がほとんどいない分、人にどう思われているか気にせずに書きたいことを書ける点がブログの大きな魅力だと思います。

また、SNSのように私を個人的に知っているからとか、付き合いで記事を読みに来てくれる人もあまりいないはずなので、アクセス数は本当にこの記事を読みたい人の数が反映されているのだと受け止めることができるからです。

その他このFC2ブログでは、どのページに一番アクセス数があり、どのページが少ないかなどもわかるので、皆さんの興味がどこにあるのかをおおまかに掴めますし、また私と同じような記事を載せているサイトなども参考に見るようになったので、今年はブログをはじめてから学んだことがたくさんありました。お陰さまで、充実したブログライフを過ごせたことを感謝したいと思います。


ところで、12月21日は何かが起こるではないかと私自身も少し心配していましたが、幸い世の終わりが来ることもなく無事に通過できたので、これからの一日一日は神様から余分に与えられた日々と思って大事に過ごしていきたいと思っています。

聖書によると世の終わりは「その日、そのときはいつか分からない、御使いでさえ知らされていない」ということなので、人間にはそれが「いついつである」というような特定はできないはずだというのがクリスチャン時代からの私の考え方でした。それが合っているのかどうかは私にはわかりませんが・・・

もしいつか来るのならば、願わくはその日が人類にとって悲壮な日なのではなく、今まで「人がまだ目に見ず、心に思いもよらなかった(想像すらできなかった)ような」栄光に満ちた日であるようにと願っております。

それでは皆様も良いお年を!(^_^)/ 


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

・・・しかし私たちは、円熟している者の間では、知恵を語る。

この知恵は、この世の者の知恵ではなく、この世の滅び行く支配者たちの知恵でもない。

むしろ、わたしたちが語るのは、隠された奥義としての神の知恵である。

それは神が、わたしたちの受ける栄光のために、世の始まらぬ先から、あらかじめ定めておかれたものである。・・・・・・・

「目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、人の心に思い浮かびもしなかったことを、
 神は、ご自分を愛する者たちのために備えられた」。

                    (コリント人への第一の手紙・2:6~9)



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。