古代のことがらを学ぶことによって、現代の指針とすることができるのではないかと思っています。

星の扉(とびら)背景

# 星の扉(とびら)

# 検索フォーム

# カテゴリ別記事一覧

# 最新記事

# アクセスランキング

[ジャンルランキング]

56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史ミステリー
2位
アクセスランキングを見る>>

2013 22 10:42:17

巨大地震の前触れ?河口湖の水位低下

今日は個人的に気になる情報があったので、古代遺跡とは関係ないですがそちらを先にすることにします。地震に関することですが、いよいよここ(南関東)にも巨大地震が来るかもしれないと・・・

最近では、箱根山の火山活動のニュースや、相模湾で魚が取れないこと、また河口湖の水位が異常に低下したことなど、相模湾や箱根、富士山にも比較的近い神奈川県に住んでいる私にとってはとても気になる情報が多いのですが、それらが関東大震災前の前兆によく似ているという記事を読んで、そろそろそれと同程度の規模の地震が来てもおかしくないかなと思って警戒しています。
(下記のブログによると、他にもHAARPや磁気のデータほかなどで、今までにない大きな値が出ているらしいです。)

また、1923年に関東大震災が起きて以来、関東は不思議なくらい静かな状態が続いているので、いつまたそれが起こってもおかしくない状態にあるといいます。

「正しい情報を探すブログ」さんより引用

富士河口湖の水位が大幅低下!六角堂も陸続きに!過去には関東大震災前や中越沖地震前にも観測された! 2013年03月21日

前に当ブログで「河口湖が干上がる!」とお伝えしましたが、河口湖の水位減少についてマスコミもやっと報道してくれたのでご紹介します。ヘリから映像を見ると分かりますが、やはり、河口湖は完全に干上がってしまっています。


☆山梨・河口湖の水位が大幅低下 六角堂までが陸続きに
URL http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00242550.html
引用:
富士五湖の1つ山梨県の河口湖の水位が今、大幅に低下している。
河口湖の水面に浮かんでいるはずの六角堂。
しかし今は、湖畔から六角堂まで陸続きになってしまっている。

地元の人は、「普通とは違う。全然減水しています」、「今、1メートルくらい、(水位が)減っていますね」などと語った。
普段に比べて、1メートルも水位が下がっていると話す住民。

さらに、山梨県が設置している水位計は現在、土台までむき出しになってしまっている。
この水位計からは、2メートル以上水位が下がっていると推測できる。



o0557030312466623569.jpg


o0557030312466623572.jpg



o0557030312466623570.jpg


o0557030312466624475.jpg




o0557030312466624477.jpg

o0557030312466624476.jpg


専門家によると「現在、富士山の北北西の方で、微動や傾斜変動があるんですが。例えば、河口湖の湖底に割れ目が入り、水が(地下に)流れることがあるかもしれないが、傾斜変動や微動が直接、河口湖の湖面の低下に関係があるともないともはっきり言えない」とのことで、原因についてはちょっと断言できない状況という感じですね。

私なりにこの河口湖水位低下について調べてみたところ、過去に2007年や1923年にも今回と同じような水位の急低下が発生していたことが判明しました。

2007年に発生した時は6月中旬で、新潟中越沖地震の1ヶ月前
1923年に発生したのは5月から6月の間で、関東大震災の3ヶ月前でした。
いずれも大地震が発生する前に観測されており、何らかの繋がりがあると考えられます。 (以上引用、下線は筆者)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



それにしても、TVなどマスコミでは地震や津波については備えをするよう声高に呼びかけますが、「原発」については果たしてどうなんでしょうかね?
最近の福島原発の一斉停電ひとつとっても、平時にこれなら、巨大地震が来たらひとたまりもないであろうことは容易に想像がつくのに・・・

福島であれだけの大きな事故が起きたのに、依然として「原発の事故」が起きたらどうしたらいいのかが今ひとつよくわからないのです。

国は、各地にある原発ごとに事故の影響の及ぶ範囲と、原発事故が起きてしまった場合、具体的にどういう行動をとったらいいのかを国民に明確に示すべきだと思います。たとえ、それがどんなに過酷なものであろうとも。・・・・・・

そして、やむなく多くの人命が失われてしまうにしても、できる限り「減災」できるように手を尽くすべきではないでしょうか。それが、戦後ずっと原発を推進しつづてきた国の果たすべき最低限の責務だと思うのですが・・・。

もしもそれを明確にしてしまったら、原発の「安全な」イメージを損ねてしまうからいけない、と未だに考えておられるのなら、もうそんな考えは国民には通用しないし、防災の観点からは「百害あって一理なし」だとはっきり申し上げたいと思います。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 

FC2 Blog Ranking←「FC2ブログランキング」登録してみました。よかったらクリック頂けると幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# QRコード

QR

# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。